このページの本文へ

HTC、新フラグシップ「HTC U12+」は日本登場の可能性大!?

2018年05月24日 19時10分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HTCは23日(現地時間)、海外で新フラグシップ機「HTC U12+」を公開した。HTCの日本語サイトにも「日本のみなさま、乞うご期待」というテキストが含まれるバナー画像が用意されており、なんらかの形で国内リリースがありそうだ。

 HTC U12+のスペックを見ていくと、WQHDオーバーで縦横比18:9の6型液晶(1440×2880)、Snapdragon 845、6GBメモリー、64/128GBストレージ、Android 8.0など、現時点で文句なしのハイエンド機となっている。

 注目はやはりカメラで、ピクセルサイズが1.4μmの大型12メガセンサーと、望遠の16メガセンサーの組み合わせ。光学では2倍、デジタルでは10倍までのズームが可能。カメラの性能を測定するDxOMarkではGalaxy S9やiPhone Xなどのライバルを上回る103点とのこと(トップはHUAWEI P20 Proの109点)。インカメラも8メガ×2のデュアル。

 デザイン面ではHTC U11から受け継いだ、見る角度によって光の反射が異なる液体のような「Liquid Surface」を採用。中でもTranslucent Blueのカラバリは端末の内部が透けて見える、印象的な外観となっている。背面のラウンドフォルムは前面の直前まで来ており、側面が極端に細いのも特徴的だ。端末を握って操作するEdge Senseも「Edge Sense 2」に進化している。

 米国サイトではすでに予約が可能になっており、契約無しでの価格は799ドル(約8万8000円)。キャリアでの販売かSIMフリーか、いずれにしても国内投入が待ち遠しい。

「HTC U12+」の主なスペック
ディスプレー 6型液晶(18:9)
画面解像度 1440×2880ドット
サイズ 約73.9×156.6×8.7~9.7mm
重量 188g
CPU Snapdragon 845 2.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 6GB
内蔵ストレージ 64 or 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大2TB)
OS Android 8.0(+HTC sense)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:12メガ+16メガ
/イン:8メガ×2
バッテリー容量 3500mAh
防水/防塵 ○/○(IP68)
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
カラバリ Translucent Blue、Ceramic Black、Flame Red

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン