このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第76回

お手頃なのにツーランク上の性能とカメラ!

一眼カメラのような写真が撮れるスマホ! au「HUAWEI P20 lite」レビュー

2018年05月28日 11時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研) 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホとしての基本性能も高い!
指紋認証センサーに加え、設定項目にも便利な機能が多数

 カメラが優秀なHUAWEI P20 liteだが、もちろん基本性能も高い。CPUはオクタコアの「HUAWEI Kirin 659」(4×2.36GHz+4×1.7GHz)で、4GBメモリー、64GBストレージと、このクラスとしてはワンランク上。Android 8.0と独自UI「EMUI 8.0」の組み合わせはすべての動作がスムーズで快適だ。前述したように本体は比較的軽量でありながら、バッテリー容量は3000mAhと大きく、さらに急速充電に対応しているのもうれしい。

USB端子はType-Cを搭載。付属のACアダプターとの組み合わせで急速充電に対応している

 カメラ以外の機能では、まず指紋認証センサーを紹介したい。少し前のスマホから乗り換える人の場合、まだ搭載していない端末を使っている人もいるかもしれないが、スマホをいつでも、すぐに、安全に使うためには、もはや必須の装備と言っていい。

持ったときにちょうど指が当たる位置に指紋認証センサーが

 HUAWEI P20 liteの指紋認証センサーは背面にあり、右手でも左手でもちょうど人さし指が来る場所に設置されている。この指紋センサーはタッチするだけで、スリープからの復帰とロック解除が同時に行なわれるので、すぐに利用可能になる。またカメラ利用時に長めにタッチすることでシャッターを切ったり、電話の着信に出ることなども可能だ。さらに最近の流行の顔認識によるロック解除にも対応している。

指紋認証センサーでは写真を撮影したり、電話に出るなどの端末操作も可能だ。設定メニューの「セキュリティとプライバシー」から「指紋ID」で設定できる
指紋認証だけでなく、顔認証の機能も搭載されている

 ぜひ活用してほしい小技としては、縦長画面を活用するために、画面下部にあるナビゲーションバーを消す設定がある。SNSアプリなどで、さらに表示領域が拡大するので、利便性がより高まる。

ディスプレー上のナビゲーションバーを一時的に消すことで、縦長画面がさらに有効活用できる。必要になったときは画面の下から上に軽くフリックすると再度表示される

 また、ノッチ部分が気になるという人向けには「ノッチを隠す」という設定も試してほしい。画面最上部のステータスバーが黒く塗りつぶされ、ノッチが目立たなくなる。便利なサイトや情報を発見した場合は、3本の指でディスプレーを上から下になぞるだけで、スクリーンショットの保存も可能だ。

ノッチを隠すとアプリも、ステータスバーの下の部分までの表示となり、画面が切れることがなくなる。スクリーンキャプチャーも簡単にできる

 優秀なカメラ+高い基本性能、そしてシンプルながらも美しい筐体デザイン。ミドルクラスの中では、ワンクラス、いやツークラス上の性能を持つHUAWEI P20 liteは、auのほか、UQ mobile、Y!mobileの各キャリアから発売される。読者の皆さんも、まずはショップ店頭などで実機をチェックしてみてほしい。

クラインブルー
ミッドナイトブラック
au「HUAWEI P20 lite HWV32」の主なスペック
メーカー ファーウェイ
ディスプレー 約5.8型液晶(19:9)
画面解像度 2280×1080ドット
サイズ 約71×149×7.4mm
重量 約145g
CPU HUAWEI Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz(オクタコア)
メモリー 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:約1600万+200万画素
/イン:約1600万画素
バッテリー容量 3000mAh
生体認証 ○(指紋、顔)
USB端子 Type-C
連続待受時間 約350時間
連続通話時間 約1100分
カラバリ クラインブルー、ミッドナイトブラック、サクラピンク
発売時期 6月上旬以降

提供:ファーウェイ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事