このページの本文へ

持ち歩いている際にも故障を予測、TV取り付けキットも用意

バッファロー、製品単体で故障予測するポータブルHDD

2018年05月16日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HD-PCGU3-Aシリーズ」

 バッファローは5月16日、USB 3.1(Gen1)接続のポータブルHDD「HD-PCGU3-Aシリーズ」を発表。6月上旬より順次発売する。

 単体でHDD故障予測を通知する機能「みまもり合図 for ポータブル」を搭載、インターネット接続などを必要とせず、持ち出し先でも本体側面のLEDで故障予測を通知する。

 ケース底部と内部には衝撃吸収力の高いTPU(熱可塑性ポリウレタン)を使用することでHDDへの衝撃を和らげているほか、USBケーブルのぐらつきを防いでコネクターへのストレスを軽減するコネクター保護設計を採用する。

 500GB(1万152円)/1TB(1万1448円)/2TB(1万8036円)/3TB(2万7540円)の4種タイプの容量と、本体カラーにブラック/ホワイトが用意される(ただし3TB容量はブラックのみとなる)。ブラックは6月上旬、ホワイトは6月下旬発売。また、HD-PCGU3-Aシリーズをテレビ背面に装着するキット「OP-HDP-TVK3」(1782円)も用意される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン