このページの本文へ

Razer Phoneに迫る最強レベルの中華ゲーミングスマホ「Black Shark」登場

2018年05月12日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 液冷仕様のSnapdragon 845や独立した画像処理ICを搭載した、中国Black Sharkブランドのハイエンドスマートフォン「Black Shark」が店頭に登場。イオシス アキバ中央通店にて店頭販売中だ。

タフネスな印象も受ける、中華ゲーミングスマホの「Black Shark」が店頭に入荷した。Razerの「Razer Phone」に匹敵する高性能機だ

 中国の新興ゲーミングブランドBlack Sharkから登場した、ハイエンド志向のゲーミングスマートフォン。中国の有力メーカーであるシャオミが出資して立ち上げられたブランドで、「Razer Phone」を意識したようなハイパフォーマンスが魅力だ。

 プロセッサーはSnapdragon 845を内蔵しつつ、性能をフルに発揮させるため冷却には一体型液体冷却機構を採用。冷却効率を大幅に向上させている。また、GPUチップにはAdreno 630を内蔵するほか、pixelworks製の独立した画像処理ICを実装することで、鮮明かつ滑らかなグラフィックス表示が可能という。

2K液晶や液冷仕様のスナドラ845、8GBメモリーなどを搭載。なお、製品にはBluetooth接続の一体型ゲームパッドが付属する

 プロセッサー以外の仕様は、ディスプレーは2160×1080ドットの5.99型液晶で、メモリーは8GB、ストレージは128GBを実装している。搭載OSはAndroid 8.1だ。

 そのほか、1200万画素+2000万画素センサーのデュアルカメラ、2000万画素のインカメラを装備。ゲーミング向けにチューニングされたスピーカー・マイク、指紋認証センサー、Quick Charge 3.0対応の4000mAhバッテリーなどを内蔵する。ネットワークは、LTEバンド1/3/4/5/7/8/12/34/38/40/41などに対応している。

ゲーミング向けにチューンされたスピーカーを備えるなど、徹底してゲーマー志向なモデル。コネクターはType-Cを実装、イヤホンジャックは非搭載だ

 イオシス アキバ中央通店にて、店頭価格10万2800円で販売中。ただし取材時点で在庫はわずか1台だった。次回入荷は現時点で未定なため、気になる人は早めに店頭に問い合わせてみよう。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン