このページの本文へ

ここでしか読めないネタの「連載」「特集」が満載!ASCII倶楽部情報局第526回

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」 第59回

8年前のSSD「X25-M」と最新モデル「545s」の悲痛な差

2018年05月11日 18時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部で2017年10月24日に公開した「8年前のSSD『X25-M』と最新モデル『545s』の悲痛な差」を紹介します。


お掃除していたらでてきた「X25-M」。今はなきT-ZONEで2万900円で購入したもの。34nm MLCを採用し、前世代(80GBで8万円前後)から大幅に値下がったことで一気に自作PC市場にSSDを普及させた、ブームの火付け役です。

 どもどもジサトライッペイです。PCパーツの整理をしていたら2009年に発売したIntel SSD「X25-M」(型番:SSDSA2MH080G2C1)を発見。この頃は80GBでも2万円以上もしていたのがなつかしいです。インターフェースもSATA2.0(3Gbps)と、時代を感じます。

 というわけで、今回は現在主流のM.2 SSDとSATA3.0(6Gbps)の最新インテルSSDと比べてみました。SSDの性能がこの8年でどれぐらい変わったのかが見所です。

今週の研究員

イッペイ
 毎年この時期は死ぬほど忙しく、FF14もポケモンGOもIngressも遊ばなくなっちゃいました。週一の銭湯とジャンプだけが楽しみの生活に乾杯。


 続きは「8年前のSSD『X25-M』と最新モデル『545s』の悲痛な差」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキーNo.1201(2018年10月23日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキーNo.1201(2018年10月23日発行)

  • 週刊アスキーNo.1200(2018年10月16日発行)

  • 週刊アスキーNo.1199(2018年10月9日発行)

  • 週刊アスキーNo.1198(2018年10月2日発行)

  • 週刊アスキー特別編集『2018 秋の超お買物特大号』

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事