このページの本文へ

ラブホテルが変わった!女子会や訪日観光客に大人気の理由

文● 週刊ダイヤモンド編集部(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ラブホテルで女子会
女子会でも使われるようになったラブホテル

少子高齢化によって、カップル利用の低迷にあえいでいたラブホテル業界。しかし、今や女子会が開かれたり、訪日観光客が宿泊したりと大人気だ。背景には、ネットで宿泊予約を扱うオンライントラベルエージェント(OTA)の存在がある。長らく“日陰者扱い”されてきたラブホテルに、新たな光が当てられている。(『週刊ダイヤモンド』委嘱記者 森川幹人)

錦糸町のラブホテルで
夜通し盛り上がる女子大生4人組

 卒業シーズンを迎えた3月のある夜、東京・錦糸町のラブホテル「ホテルグランスカイ」では、大学を卒業したばかりの女子4人組が、夜通しの女子会で盛り上がっていた。シャンパン付きの夕食、無料で使える貸切露天風呂、カラオケなどを楽しみながら、女子たちは明け方になるまで話に花を咲かせる。

 “ラブホ女子会”が流行し始めたのは、ここ1年半ほど。「ホテルグランスカイ」を始め、関東圏を中心に30以上のラブホテルを運営するフランシスの営業統括部の石塚修氏は、「いくつかのラブホテルで女子会が人気になっていると噂を聞き、女子会プランを作ったところ予想を超えて大ヒットした」と振り返る。

 ラブホ女子会の流行は、ホテル側にとって渡りに船だという。「ホテルグランスカイ」のデラックスルームを女子会で利用する場合、平日料金は1人5800円から。1部屋に2人ではなく複数人が泊まるので、カップル利用よりも高単価が期待できる。また、女子会は空き部屋が増える平日に入ることが多いため、稼働率が上がるのだ。

 ホテル側は、女子会のために部屋に風船を用意したり、貸切露天風呂にバス用フラワーを浮かべたり、おそろいのパジャマを貸し出したりと、特別サービスを提供する。これらはすべて、インスタ映えの必須アイテム。女子たちがお泊まり会の写真をSNSにアップすることで、ラブホ女子会は急速に人気を得ている。特に、卒業シーズンの3月、夏休み時期の7〜8月、ハロウィンの10月、クリスマスの12月は利用が増えるという。

高収益のビジネスモデルながら
利用客の激減で苦況に

 これまでのラブホテルは、カップルが飛び込みで数時間“休憩”することがメインだったため、1日当たりの回転率を上げることができ、高い収益を上げてきた。その資金を施設に投資することで、ラブホテルはゴージャスで広い室内空間を作り上げ、シティーホテルに負けないほどアメニティグッズも充実させてきた。

豪華なラブホテル
豪華な室内のラブホテル

 ところが、少子高齢化によって、ラブホテルの利用客は激減している。

「ラブホテルも新たなニーズを開拓することが必須になった。そこで、カップルだけでなく、女子やビジネスパーソン、訪日観光客などに適したプランを提供して稼働率を上げようと考えた」

 ラブホテル専用のOTA「ハッピー・ホテル」を運営するアルメックスの坪井将之常務執行役員は、冒頭のようなラブホ女子会が生まれた背景を語る。

 アルメックは、そもそもホテルや病院などに設置されている「自動精算機」の製造会社。ラブホテルでは、受付で顔を見られたくないという客側のニーズや、人員を削減したいというホテル側の事情もあって、自動精算機が普及している。そのうちの実に80%が同社の製品だ。

 そんなアルメックスが、全国のラブホテルとの取引関係を軸に、OTA、インターネット上だけで、宿泊や航空券の予約や購入ができる事業に乗り出したのは10年前のこと。まずは国内初となるラブホテル検索サイトを立ち上げ、その後、宿泊のための予約機能を付加したり、ここ1〜2年は宿泊プランを提案したりと、ラブホテルの需要を拡大してきた。

 今年に入り、アルメックスはLCC航空券を扱うOTAを運営するエボラブルアジアや、ホテルやレストランを扱う台湾のOTAファンナウとの連携を相次いで発表し、訪日旅行者の取り込みを狙う。ラブホテルは地方空港の近くにも多くあるので、深夜早朝便を利用した旅行者が、始発までの数時間を過ごすのにちょうといいのだ。

外資系OTAの普及で風向き変わり
訪日観光客にも大人気に

 この流れをさらに後押ししたのが、エクスペディアなどの外資系OTAだ。外資系OTAが本格的にラブホテルを取り扱うようになったのは2017年からだ。社会的に認知された外資系OTAでラブホテルを予約できるようになったことで、ビジネスパーソンも使いやすくなったようだ。

ラブホテルで女子会

 最近は訪日観光客の増加で、シーズンによってはビジネスホテルですら予約が取りづらく、出張難民が生まれている。そんな中、特に東京圏、大阪圏など都市部でラブホテルに宿泊する人たちも増えており、男性だけでなく、女性の利用も少なくないという。

 もちろん、世界的に知られたOTAゆえ、訪日観光客の目にも留まりやすい。東京・新宿の歌舞伎町にある「ホテル・ザ・ホテル」は、歌舞伎町という場所柄もあり、訪日観光客の伸びが著しいという。

 テクノロジーが生んだOTAの普及によって、サービスのコストパフォーマンスのよさに光が当てられたラブホテル。結果的に、先入観を払拭してリピーターになる人も多く、ラブホテル利用者の裾野は広がっている。

ラブホテルで女子会

 一方で、ラブホテルが持つ特有の“陰”が、人を引き寄せている面もある。フランシスの石橋健氏は、「ラブホ女子会人気の裏には、ちょっと悪いことをしているようなところが楽しいという気持ちもあるのではないか」と考えている。

 一般的なホテルと比べて“日陰者”扱いされてきたラブホテルだが、その奥深さこそが魅力といえる。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ