このページの本文へ

Thermaltake「VIEW 37」、「VIEW 37 RGB Plus」

ガルウィングデザインの魅せるPCケース「VIEW 37」が発売

2018年05月08日 22時43分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ガルウィングデザインの大型アクリルサイドパネルを採用したミドルタワーPCケース「VIEW 37」シリーズがThermaltakeから発売された。

ガルウィングデザインの大型アクリルサイドパネルを採用したミドルタワーPCケース「VIEW 37 RGB Plus」

 「VIEW 37」は、2016年10月に発売された「VIEW 27」の後継モデル。トップからサイドにかけてつなぎ目のないアクリルパネルを採用したガルウィングデザインのサイドパネルはそのままに、本体サイズが261(W)×525(H)×538(D)mmへと大型化された(「VIEW 27」は201(W)×508(H)×479(D)mm)。

「Riing Plus 14 RGB」ファンを3基標準で備えている

 さらに、上位モデル「VIEW 37 RGB Plus」では「Riing Plus 14 RGB」ファンを3基(フロント×2、リア×1)、下位モデル「VIEW 37」では「Riing 14 Blue LED」ファンを2基(フロント×1、リア×1)標準で備えているのも特徴だ。

付属ファンのLEDカラーモードやエフェクトスピードを調整するコントローラーを搭載。各社マザーボードとの連携が可能だ

 主なスペックは、ベイ数が3.5インチ×3、2.5インチ×8。最長410mmのビデオカード、全高180mmまでのCPUクーラー、奥行き220mmまでの電源ユニットに対応。ビデオカードはオプションのライザーケーブルを使用することで、マザーボードに対して水平に装着できる。

 価格は「VIEW 37 RGB Plus」が2万498円、「VIEW 37」が1万1858円。パソコンショップアークとTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中