このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第417回

人気のプリンケーキサンドが復活

ファミマのプリンケーキサンド ぷるぷるですべてが満たされる

2018年05月08日 19時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ファミリーマート「プリンのケーキサンド」

 ファミリーマートは「プリンのケーキサンド」を5月8日発売。2種類のクリーム(ホイップ、カスタード)とプリンを挟んだサンドイッチ形状のデザート。2017年11月に初登場して話題になった商品です。価格は298円。

話題になった「プリンのケーキサンド」の味は?

サンドイッチ形状のプリンサンドが2つ入っています。私は、今回初めて食べてみます。

 プリンをケーキの生地で挟んだとは、大胆不敵。プリンはお子さまから大人まで幅広く人気なスイーツですし、テッパンでおいしい。ケーキももちろん、テッパンでおいしい。テッパンスイーツの掛け合わせは想像を絶する美味世界であろうこと間違いありません。

 言い過ぎとつっこまれるかもしれませんが、見てください、この見た目。サンドイッチのようにケーキの間にプリンが収まっています。概念としてのプリンではなく、プティングとカラメルが層になっているれっきとしたプリンです。この美しさに期待は高まります。

層になっていて美しい。

 手に取ってみると中にどっしりとした質感。そりゃ、プリンが入っていますから。プリンといったらタポン、タポンしてますものね。

 さて、私は、以前に発売された時は食べ逃してしまったので、プリンのケーキサンドを今回初めて味見してみました。

驚くべきやわやわ~な世界

一番上のケーキをはがしてみるとこんな感じ。

 しっとりした食感のケーキ生地。柔らかく、包み込まれるように、ふわふわしています。そこに、メインに据えられたプリンの滑らかな食感とビターなカラメルの風味。

ケーキもふわふわ。

 驚いたことにプリンは、サンドができるくらいなので固めなのかと思いきや、ぷるぷると柔らかいのです。口に入れるととろ~んととろけそう。カスタードとホイップの2種のクリームがプリンのおいしさを引き立てて、プリンがケーキを包んでいるか、ケーキがプリンを包んでいるか、境い目がわからないほど。柔らかい世界に連れて行かれます。

 とっても甘いのだろうと、想像して食べたのですが、食べてみると予想外に甘さはほどよく抑えられていて大人の風味でした。ホイップにはラム酒を加えていること。なるほど、プリン×ケーキでいかにもな甘い系かと思いきや、きちんと大人の嗜好に耐えられるようにつくっているようです。

カロリーはおにぎりの1.5個分

 気になるカロリーは316kcal。

 例えば、おにぎりのカロリーはだいたい1個200kcal前後なので、だいたいおにぎりの1.5個分相当です。2個入りのケーキサンドでおにぎりの1.5個ぶんであれば、私の感覚だとすっごく高カロリーというわけではなく許容範囲。500kcalとかだったらちょっと抵抗がありますが。

 というわけで、ファミリーマートのプリンのケーキサンドは、プリンを食べたい欲、ケーキを食べたい欲、両方を満たしてくれて、カロリーはそこそこなのでオススメ。ネットの情報を見ると、トースターで焼いてもおいしいそうです。プリンに目がないという人にオススメです。

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。Facebookやっています。

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!