このページの本文へ

ビジネスを効率化するRPA分野を拡大

富士通とKofax、グローバル販売パートナー契約を締結

2018年05月08日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
富士通とKofax、RPAのグローバルでの販売パートナー契約を締結

 富士通は5月8日、Kofax JapanとRPA分野におけるグローバルでの販売パートナー契約を締結したと発表した。

 RPA(Robotic Process Automation)は、従来人手で行なわれていた事務作業をソフトウェア・ロボットで代替する業務プロセス。Kofaxは世界的に金融/保険/政府/ヘルスケア/サプライチェーン/業務プロセス・アウトソーシングなどの様々な分野における2万社以上の実績を持つ。

 販売パートナー契約締結により、日本でのKofaxの「Kofax Kapow」などRPAソリューションの販売を皮切りに、両社でグローバルな展開を行なうという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ