このページの本文へ

AWSの連携強化などスピーディーなビジネス展開が可能に

キヤノンITS、「Web Performer」V2.2を販売開始

2018年05月08日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Web Performer」V2.2

 キヤノンITソリューションズは5月8日、ウェブアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」V2.2の販売を開始した。

 Web Performerはウェブアプリケーションを自動生成する開発ツールで、直感的な操作による開発を実現したことで安定した品質で定評があるという。新バージョンではテストの自動実行が強化されているほか、AWSへのデプロイ自動化が図られている。キヤノンITSでは、本バージョンよりAWS Elastic Beanstalkの開発環境を構築して本番リリース後の運用支援も提供、AWSを利用したビジネスの取り組みを支援する。

 また、同社ではWeb Performerとユーザー構築型ワークフロー「Web PerformerWf」、エンタープライズワークフロー「Web PerformerWf+」の3製品を「Web Performerオートメーションプラットフォーム」として刷新し、ブランド強化を図るとしている。

 価格は、Web Performerのユーザーライセンス(3ライセンス)で360万円より。Web Performer SI開発ライセンスは2ライセンスで150万円より。Web PerformerWf/Web PerformerWf+はユーザーライセンス(50ユーザーパック)が100万円より/270万円より、Web PerformerWf/Web PerformerWf+のSI開発ライセンスは100万円/160万円。

カテゴリートップへ

ピックアップ