このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第77回

空を飛び回りながら敵を倒せ!

VRは無重力の時代へ!? 新感覚フライトシューティングゲーム「Skyfront VR」

2018年05月09日 12時00分更新

文● やましん/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するのは無重力空間のような不思議な世界を飛び回り敵を倒すVRシューティング「Skyfront VR」だ。無重力シミュレーション系のゲームはほかにもあるが、銃撃戦ができるようなタイトルは珍しい。他ではできない体験ができるというのは惹かれるものがある。

 ゲームは上下左右さまざまな方向に動けるシューティングゲームで、戦闘機に乗るタイプのVRシューティングに近い。地形をよく把握しないと戦闘では不利になるため、まずは慣れるために飛び回ってみるのもいいだろう。空中庭園のような対戦ステージはなかなかにきれいで、周りを飛び回るだけでも楽しい。

 プレイヤーは手に装備したブースターで移動する。通常の加速移動のほかに、制限時間付きの急加速や、ワイヤーのついたアンカーを壁に突き刺して移動するなどの方法がある。どれも有効活用することで有利に立てるが、慣れないうちは一個に絞るのがいいだろう。またブースターを装備すると攻撃出来る銃が持てなくなってしまうので、攻撃力は下がってしまう。

 対戦で使用する武器はスタートメニューから変えられる。3種の武器と2つのスペシャルスキルを装着できる。どの武器もそれぞれに特徴があるため、自分のプレイスタイルに合わせた武器を選んでおこう。一つが強い武器でも、組み合わせ次第で使い勝手が悪くなることもあるため気をつけよう。

 武器の中でもおすすめなのが、照準器付きのマシンガンだ。中距離での命中精度も悪くなく、接近戦でも活躍できるオールマイティーな装備だ。両手に装備すればかなりの火力になる。高度をあげて上から襲いかかるのにも適している。

 チュートリアルも親切に用意されており、画像付きでわかりやすく解説してくれる。本作はほかのゲームにはない操作が多いので、しっかりとチュートリアルはやっておこう。すでに知っていることはMenuボタンでスキップもできる。わからない部分だけ復習するのもアリだ。

 無重力空間を飛び回るような体験ができる本作。Oculus Rift向けにリリースされている「Lone Echo」に移動方法は近い。シューティングゲームが好きな人にはオススメできる。しかし、無重力のような移動方法なのに、無重力らしくない動作をすることもあるため違和感を覚えることも。特に「Lone Echo」と比較してしまうと操作感が気になってしまう。

 それでも、自分で自由に飛び回りながら銃を撃つというのは非常に面白い体験であることに変わりない。実際にSteamでの評価も高い作品だ。操作は上級者向けだが、一風変わった体験をしてみたい方にはぜひともオススメだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事