このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第76回

「Ready Player One」の世界を体験できる無料のVRゲーム

2018年05月08日 17時00分更新

文● やましん/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するのは、2018年4月20日に公開された映画「レディ・プレイヤー1」の世界を体験できるVRゲーム「Ready Player One: OASIS beta」だ。本作は映画の世界を反映しつつも、今までにリリースされたVRゲームを丁寧に当てはめて作られたタイトルだ。

 ゲームを開始すると、はじめは映画で見たような小汚い部屋が見える。様々なポスターやグッズなど眺めていると意外なものが見つかったりする。しかし部屋の中のものは基本的に拾ったりはできず、つかめるのはHMDのみである。

 HMDを取り、ゲームを始めると独特のログイン演出が入る。いきなりゲームが始まるのではなく、こういった演出があるだけでもテンションは上がる。

 ロビールームは非常にきれいな出来栄えで、移動すればバルコニーから外も見られる。非常に広い世界が広がっており、この光景はVRではなかなか拝めない壮大さだ。ロビールームはかなりグラフィックのクオリティが高いので、ほかの部分もよく眺めてみよう。眺めているだけでも結構楽しい。

 搭載されているゲームは「Smash」「Planet Gauntlet」「Battle for the OASIS」「Rise of the Gunters」の4つ。ファンタジー好きな人であればPlanet Gauntlet、シューティングが好きな人はRise of the Gunters、スポーツが好きな人はSmashを選ぼう。どのステージもボリュームの多い内容であるので無料でありながらもかなりやり込むことができる。

 Planet Gauntletはゾンビが蠢く遺跡の中を進んでいくアドベンチャーゲーム。弓矢を使って次々現れるゾンビを倒していこう。壺を弓矢で壊すと金貨がでてくるので、それを集めると得点が増えていく。ゲーム自体の難易度も高いが、ランキングの上位に食い込むのは至難の業だ。腕に自信のあるプレイヤーは是非プレイしてほしい。

 Rise of the Guntersは兵士たちの集団をひたすらに撃退していくゲームで、移動もでき武器も変えられる。物陰に隠れて撃ち続けるもよし、すばやく移動して敵の攻撃を避けるもよし、プレイスタイルを選べるのは良い点だ。敵を倒すとパワーアップアイテムも落とすため、それも有効活用していこう。

 Battle for the OASISもウェーブごとに出現する敵兵士を次々に倒していくタイプのゲーム。二丁拳銃でガンガン撃ってハチの巣にしてやろう。荒野や前哨基地のようなステージなど、様々な場所で四方八方から攻めてくる「IOIシクサーズ」と戦うのだが、ステージによっては障害物になっている壁の上を走ってくる敵もいる。こちらは狙われ放題だが、相手も壁がなく無防備なので、ヘッドショットを決めて倒していこう。

 Smashは飛んで来るボールを盾で弾き返すテニスのようなゲームだ。床だけでなく壁や天井もあり、様々な方向からボールが跳ね返って来る。しかもボールは一つだけではなく複数個あるためさらに忙しい。内容に関しては同じ開発会社の「Arcade Saga」に収録されているものとほぼ同じで、少しグラフィックが変わっている。

 様々なゲームを体験できる本作。特にVRゲームをあまりプレイしたことないプレイヤーであれば無料でありながら非常にやり込める作品だ。この作品でVRゲームの雰囲気を掴んでおくのもいいだろう。ファンにもたまらない作品ではあるが、様々なVRゲームをプレイしてきた人にはどこか既視感のあるようなコンテンツが多いため飽きてしまうかもしれない。それでも無料でこのボリューム感のあるゲームはなかなか見つからない。プレイする価値は十分ある一本だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事