このページの本文へ

これで11万円台は安い!LTE対応&第8世代i5&1.5kgの超コスパノートPC

ビジネス用途では十分実用的な性能で◎

2018年05月11日 11時00分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 基本性能もチェックしていきたい。まずは、3DCGレンダリング速度でCPUの性能を計測するおなじみのベンチマークソフト「CINEBENCH R15」にて性能を確認。

 Celeronだとマルチコアで140~160cbくらいのところ、543cbと2倍以上のスコアーをマーク。スコアーが500以上あれば、日常用途で遅いと感じることはほぼない。OpenGLの数値はローエンドの外部GPUの2分の1くらいだが、ノートPC用CPUの内蔵GPUとしては低くもない。

 次にストレージの速度を「CrystalDiskMark」で確認。SATA3接続とはいえ、SSDのためHDDと比べれば雲泥の差。5、6万円から10万円までの安価なPCだと、未だにeMMCやHDDを搭載しているPCがあるが、eMMCだとシーケンシャルリードは届いて毎秒200MB、容量は64GBまでと極端に少ない。一方、HDDは2.5インチだとシーケンシャルリードは毎秒200MBにも届かないことを考えれば立派。PCの起動時間は、平均12秒くらいとまずまずで、本体価格を考えれば十分速い部類だろう。

 PCの総合的なパフォーマンスを計測する「PCMark 10」のスコアーは以下のとおり。

 スコアーは3500に届かなかったが、Core i5としては及第点。今回は比較機がないため、相互比較評価はできないが、スコアーが3000を超えていればMSオフィスの作業でもたつくなんてことはない。

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune