このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

バーチャルキャストで大盛り上がり!ニコニコ超会議2018のVR関連レポ

2018年04月29日 10時30分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Virtual Castの体験の様子は、大型モニターで確認することができた

 4月28日、幕張メッセにて「ニコニコ超会議2018」が開始された。本イベントは29日(日)まで開催されている。注目は4月13日のニコニコ超会議2018の発表会にて明らかにされたPC用VRヘッドセットを使って、誰でもバーチャルYouTuber(VTuber)なりきれる「Virtual Cast(β)」体験コーナー「超バーチャルYouTu”BAR"」。

Virtual Cast(バーチャルキャスト)体験コーナーは、午前中の早い時間には数十人が並ぶほどだったが、午後には倍以上の人数に増え、かなり注目されているように感じた

 体験コーナーでは、TSUKUMO製のバーチャルキャスト推奨キットと、HTCのVRヘッドセット「VIVE」にて、体験者はTSUKUMOのマスコットキャラクター「つくもたん」になり、バーチャルキャストを体験することができた。

両手に持ったVIVEのコントローラーを動かすことで、つくもたんの3Dモデルの手が動き、プレイヤーの動きをリアルに再現する
体験者のエスコートは、VTuberの「みゅみゅ」が行なっていたようだ

 バーチャルキャストは、放送中の空間に別のユーザーが参加する「凸機能」も備えているため、VRヘッドセットをすでに所有しているユーザーも参加できるとのこと。

バーチャルキャスト推奨PCは、すでにTSUKUMOが販売を行なっている。VIVEとのセットモデルもあるため、これから始めたい人は参考にしてみよう

 会場でバーチャルキャストを開発した株式会社インフィニットループの代表取締役 松井健太郎氏に聞いたところ、現在は最大6人で同じ空間でいられるが、システム的には最大30人でのプレイも可能とのこと。もちろん、人数が増えるごとにPCのパワーが必要になる。

 また、現在は最新のアップデートにより、ユーザーがキャラクターのデータをアップロードする機能を備えるのみだが、ゆくゆくはユーザーがつくった背景やアイテムなどもアップロードして使えるようにしたいそうだ。

現バージョンでも空間に文字を書けるペンやピコピコハンマーといった、いくつかのアイテムが利用できるようだ

 さらに、今は正式対応するVRヘッドセットはVIVEのみだが、動作確認をしてOculus RiftやWindows Mixed Realtiy対応のMRヘッドセットの正式対応の謳いたいとのこと。

 加えて、会場の大型スクリーンでは、大人気VTuberの「キズナアイ」が登場し、会場もニコニコ動画での視聴者も大盛り上がり。VTuberの勢いの凄さを感じさせた。

前へ 1 2 次へ