このページの本文へ

Pascalアーキテクチャ採用のハイエンドGPUがスリムタワーPCでも利用可能

TSUKUMO、BTOパソコンeX.computerにNVIDIA Quadroシリーズ搭載モデルを追加

2018年04月27日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Micro ATXミニタワーケースを採用する「QS5J-A180/T」

 Project Whiteは4月27日、TSUKUMOブランドのBTOパソコンeX.computerのグラフィックスカードとして、NVIDIA Quadroシリーズを搭載するモデルを発売した。

 スリムタワーPC(Micro ATX)、Micro ATXミニタワーケース、ATXタワーケースの3タイプ、計7モデルが用意される。スリムタワーPCとしては「QS5J-A180/T」(Core i5-8400、10万2384円)が、ミニタワーPCとしては「QM7J-B180/T」(Core i7-8700、12万3984円)が用意される。いずれもNVIDIA Quadro P620 を搭載、標準的な構成での価格。

Micro ATXミニタワーケースを採用する「QM7J-B180/T」

 ATXタワーPCでは、NVIDIA Quadro P1000を搭載する「QA7J-C180/T」(Core i7-8700、16万7184円)、NVIDIA Quadro P2000を搭載する 「QA7J-D180/ZT」(Core i7-8700、19万9584円)、「QA7J-E180/XT」(Core i7-7820X、29万1384円)がラインアップ。

ATXタワーケースを採用する「QA7J-C180/T」、「QA7J-D180/ZT」、「QA7J-E180/XT」、「QA9J-F180/XT」、「QA9J-G180/XT」

 さらにATXタワーPCとして、NVIDIA Quadro P4000を搭載する「QA9J-F180/XT」(Core i9-7900X、46万4184円)、NVIDIA Quadro P5000を搭載する「QA9J-G180/XT」(Core i9-7940X、71万2584円)が用意される。いずれも標準的な構成での価格(BTOにより各種スペックはカスタマイズ可能)。

カテゴリートップへ