このページの本文へ

60V型でも10万円を切る情熱価格

ドン・キホーテ、HDR対応4Kテレビに50V型/55V型/60V型を追加

2018年04月25日 14時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
60V型「LE-6001TS4KH」、55V型「LE-5501TS4KH」、50V型「LE-5001TS4KH」

 ドン・キホーテホールディングスは4月25日、プライベートブランド「情熱価格PLUS」のHDR対応4K液晶テレビ新製品として50V型/55V型/60V型の3モデルを発表。5月1日11時に発売する。

 いずれも解像度3840×2160ドットの4K液晶を採用。地上デジタル/BS/110度CSデジタルチューナーを搭載。HDMI×3(ARC対応/CEC対応/4K対応)映像入力端子のほか、AV入力、有線LAN端子などを装備。録画用USB端子(最大4TBのHDDに対応)も備え、録画しながら別の番組を視聴できるダブルチューナーを搭載。

 価格は、60V型の「LE-6001TS4KH」が9万6984円、55型の「LE-5501TS4KH」が6万9984円、50V型の「LE-5001TS4KH」が5万9184円。

カテゴリートップへ