このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PCレスでワイヤレスが重要 自由に動けるレノボのVRヘッドセット

2018年04月24日 17時30分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 レノボ・ジャパンは4月24日、VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」および二眼カメラ「Lenovo Mirage Camera with Daydream」の発表会を開催した。

 どちらも5月11日発売予定で、税抜直販価格はMirage Soloが5万1200円、Mirage Cameraが3万5800円。

「Lenovo Mirage Solo with Daydream」
「Lenovo Mirage Solo with Daydream」
側面にmicroSDカードスロットやUSB Type-C端子があり、ストレージに保存された動画の再生も可能 反対側の側面にヘッドフォンジャックがある
側面にmicroSDカードスロットやUSB Type-C端子があり、ストレージに保存された動画の再生も可能反対側の側面にヘッドフォンジャックがある
ヘッドセット内部は結構広めで眼鏡をつけていても余裕 後頭部にあたるところに大きなダイヤルがあり、これを回すことで頭部に固定できる
ヘッドセット内部は結構広めで眼鏡をつけていても余裕後頭部にあたるところに大きなダイヤルがあり、これを回すことで頭部に固定できる

 Mirage SoloはGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」を採用したVRヘッドセットで、PC不要で単体で動くのが特徴。

 トラッキングポイント(外部センサー)の設置が不要なGoogleのモーショントラッキング技術「WorldSense」を採用し、装着するだけでVRを簡単に楽しめる。そして、3つの顔の動き(左右、上下、横に首を振る)と3つの全身運動(前後、左右、ジャンプ、しゃがむ)を認識する「6DoF」が利用できる。

 また、3時間駆動のバッテリーと無線LANを内蔵し、完全ワイヤレスで使用できるのも特徴。ディスプレーは2560×1440ドットで、視野角は110度となっている。

「Lenovo Mirage Camera with Daydream」
「Lenovo Mirage Camera with Daydream」
本体上部。シャッターボタンなどがある 側面カバーを開くと、microSDカードスロットとUSB Type-C端子がある
本体上部。シャッターボタンなどがある側面カバーを開くと、microSDカードスロットとUSB Type-C端子がある
本体背面にモニターはなく、ライブビューはスマホアプリで確認する

 Mirage Cameraは上下左右180度の広い画角の撮影が可能なデジタルカメラで、1300万画素の撮像素子を2つ搭載。4K解像度で記録できる。

 また、6軸の電子式手ブレ補正を搭載し、ブレの少ない映像が撮れる。

 どちらもGoogleの「VR180」と呼ばれる動画フォーマットに対応。360度でなく180度映像とすることで高解像な映像を表示できる。

前へ 1 2 次へ