このページの本文へ

IoTセキュリティーや認証分野などへの適用に向けて

データを分割して無意味化する「ZENMU Engine」提供開始

2018年04月23日 13時45分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZenmuTechは4月20日、データを無意味化するオープン・セキュリティー・インフラストラクチャー「ZENMU」(ゼンム)のエンジン部分を、「ZENMU Engine 1.0」として提供開始すると発表した。

 ZENMU Engineは、秘密分散処理モジュールを外部アプリで利用するためのもの。ファイルを秘密分散して複数の分散ファイルに保管する機能や、複数の分散ファイルから秘密分散(復号化)して元のファイルに戻す機能、設定情報を設定ファイルとして書き出す機能などを搭載している。

 これまで、ZENMUのエンジン部分をSDKとして提供してきたが、今回新たなアーキテクチャーを採用。分散・復元の処理速度を高めたという。また、ZENMU Engineでは固定サイズで分割でき、元データのサイズによらず1片を最小32Bにできるという。

 IoTやFintech分野での情報漏洩対策や重要データの送受信などに加え、認証分野での利用やブロックチェーンとの組み合わせにより、より高度なセキュリティーの実現が期待できるとしている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ