このページの本文へ

IDCとしては東日本最大、環境対応型の大規模データセンター

IDCフロンティア、白河データセンターに新棟完成

2018年04月18日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
白河データセンター5号棟

 IDCフロンティアは4月18日、福島県白河市の環境対応型大規模データセンター「白河データセンター」の5号棟が完成したと発表した。

 白河データセンターは2012年9月に1号棟が竣工。5号棟は2017年3月から建設を進めていた。冷涼な気候を生かして排熱処理に直接外気導入と水冷および空冷のハイブリッド空調を組み合わせ、空気循環が1層で完結するシンプルな設計の建築一体型の空調システムを採用している。

 5合棟は建築面積およそ3200平方m、およそ1400ラックを備える。全棟ではおよそ3320ラック規模となり、16万5000台以上のサーバーを収容可能。IDCFの拠点のなかでは東日本最大規模となり、AIやディープラーニング向けGPUコンピューティングなどクラウド基盤の増強や、拡張余力をシステム選定の条件とした企業やインターネットサービス事業者の大規模なハウジング需要に応えるという。高い電力供給と冷却性能が求められる高性能サーバーの集積にも対応できる柔軟なフロア設計を採用し、1ラックあたり最大30kVA機器収容にも対応。

 データセンターを保有するヤフーは、引き続き自社用途としてYahoo! JAPAN各サービス運用に利用するとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ