このページの本文へ

まもなく治験が始まるCRISPR療法、それでも残る懸念

Emily Mullin

2018年04月17日 06時46分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

遺伝子編集技術「クリスパー(CRISPR)」による治療が有望視されており、欧米では年内にも治験が開始される予定だ。科学者たちはクリスパー療法の効果や安全性を確認するためにサルを使用した実験を実施しているが、事例は少なく、懸念材料は残っている。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ