このページの本文へ

コーヒーを飲んでから「眠る」って本当?

コーヒーと昼寝で働き方改革 仕事の効率を上げる「カフェインナップ」

2018年05月09日 15時00分更新

文● ナベコ(ASCII.jp)ガチ鈴木(ASCII.jp) 撮影●高橋 智 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「カフェインナップ」を導入している
ダイドードリンコを訪ねてみた

ダイドードリンコ社にやってきた!

ナベコ「カフェインナップを導入しているという、飲料メーカーのダイドードリンコさんのオフィスにやって来ました!」

ガチ鈴木「ダイドードリンコというとダイドーブレンドとか缶コーヒーのイメージがあるよね。コーヒーとカフェインは関連性があるね」

ダイドードリンコは、大阪本社に所属する約200名の従業員を対象に2017年11月21日からカフェインナップの施策を導入。昼休みの15分間をカフェインナップの推奨時間としている。

ナベコ「今ちょうど、お昼休憩中でカフェインナップの推奨タイムだそうです。見てください、フロアの照明が落ちていて暗いですよ」

カフェインナップの推奨タイムにダイドードリンコを訪れると、フロアが暗かった。

ガチ鈴木「本当だ。日中にオフィスフロアが暗いってあまりないことだよね」

ナベコ「この奥が執務室のようですね。昼寝中だったらジャマしたらいけないので、勝手ですが入っちゃいましょうか」

ガチ鈴木「いいのかな。でもカフェインナップがどんな感じが気になるし、行ってみよう。(小声で)失礼します」

カフェインナップ最中に潜入

暗いオフィスで社員の方が一同に突っ伏して……。

ナベコ「みなさん机に伏せたりしていますね」

ガチ鈴木「社員の方が揃って昼寝しているって不思議な光景! 気持ち良そうだなあ。BGMでリゾートに流れていそうなゆったりした音楽が流れているし、リラックスできそう」

机の上にはコーヒーが。

ナベコ「机の上にコーヒーがあります。みなさん、コーヒーを飲んでから昼寝しているのでしょうか?」

「うーん……」

ガチ鈴木「あ、あの人が目覚めたみたい。話を聞いてみよう」

コーヒーを飲んでから寝られる?

ダイドードリンコ 自販機営業企画部 池田さん

ガチ鈴木「すみません。昼寝をされていたようですが、これがカフェインナップなのでしょうか?」

ダイドードリンコ自販機営業企画部 池田さん「はい、そうです。ダイドードリンコでは11時45分~12時45分がお昼休憩で、12時30分~12時45分がカフェインナップ推奨タイムです。その時間はヒーリング音楽が流れて、リラックスして昼寝できる雰囲気になります」

ナベコ「休憩時間の最後の15分間がカフェインナップ推奨タイムとは」

ガチ鈴木「カフェインナップ、ということはコーヒーを飲んでから昼寝していたんですか?」

池田さん「そうです。仕事中に短時間の睡眠をとることをパワーナップと言いますが、カフェインを組み合わせたカフェインナップだと15分程度の短い睡眠がより効果的になります」

カフェイン効果で寝過ぎないのがポイント

ガチ鈴木「不思議なのですが、コーヒーを飲んでから眠れるものなのでしょうか?」

池田さん「はい。コーヒーに含まれるカフェインが効いてくるのが20分~30分後なので、寝る直前に飲むとほどよい時間の睡眠で目覚められます。目覚めた後も覚醒が早く集中力が高まります

ナベコ「カフェインをとってから寝ると眠りすぎないというのがいいんですね!」

ガチ鈴木「ナベコは昼寝しすぎると起きた後もぼんやりするって言っていたもんね。カフェインの覚醒作用を逆に利用しているとは、おもしろいなあ。ところで、日中なのに社内が薄暗くてびっくりしました。フロア全部の照明が落とされているのですか?」

池田さん「一部では照明がついていますが、昨年11月にカフェインナップの取組がスタートする以前も節電のために休憩時間は一部を除いて基本的に照明を落とすようになっていました。カフェインナップが始まって、薄暗いのでちょうど昼寝にぴったりの環境になりました」

ナベコ「昼寝に適した環境にしてくれるとはありがたい」

ガチ鈴木「社員のみなさんは毎日カフェインナップをしているんですか?」

池田さん「強制ではなく任意なので、私は、週に3回、4回くらいカフェインナップをやっています。昼食は同期と食べていることが多いのですが、話が盛り上がってしまうと昼寝しないこともあります(笑)」

ナベコ「義務的ではないのでリラックスできそうですね」

ガチ鈴木「池田さんは、カフェインナップをやってみてどうでしょうか?」

池田さん「実はこうやって会社的にカフェインナップの取組が始まる以前から、昼寝が好きで休憩時間にうたた寝することがありました(笑)。でも休憩時間とはいえ、会社で寝ていると、なんとなくまわりの目が気になることがありました。カフェインナップが始まって、堂々とお昼休憩に眠れるようになったのがうれしいです」

ナベコ「会社内で昼寝できるって意外にうまみなのかもしれませんね」

ガチ鈴木「なるほど。あそこの人も起きたみたい。話を聞いてみようか」

何も考えない時間がリフレッシュになる

ダイドードリンコ 自販機営業企画部 武田さん

ガチ鈴木「カフェインナップの効果があるか気になっているんですけど、お話を聞いていいですか? コーヒーを飲んでから昼寝するそうですが、眠れますか?」

ダイドードリンコ自販機営業企画部 武田さん「コーヒーを飲んでからしばらくは覚醒作用がないのと、ちょうど昼食を食べたあとでお腹いっぱいになっているので、気持ちよくウトウトできます」

ナベコ「昼食後だと眠くなりやすいですもんね」

ガチ鈴木「やはり、コーヒーを飲んだ直後だと眠れるんだ。池田さんもそう言ってましたけど、ちょっと意外でした」

武田さん「ただ、僕は実際に寝ているのは5分くらいです。意識が完全に睡眠状態になるというより、リラックスしてウトウトする感じが多いですね」

ナベコ「へえ、5分くらいとは。短いですね」

ガチ鈴木「半覚醒くらいの状態なのでしょうか?」

武田さん「そうですね。完全に寝るというより心を無にして落ち着いた状態で過ごしている人が多いのだと思います。その時間がリフレッシュになっていると感じます。午後に眠気に襲われることが減りましたし、より仕事に集中できるようになりました」

ナベコ「効果を実感されているのですね」

ガチ鈴木「ちなみに、武田さんはカフェインナップをしない時はお昼休憩をどう過ごしているんですか?」

武田さん「同期とご飯を食べてそのまま話をしていることもありますし、業務が立て込んでいると昼食を食べた後に仕事のことをすぐに考えてしまうこともあります」

ナベコ「仕事のことを考えていると、午前から集中した時間が続いてしまいそう」

ガチ鈴木「短時間でも何も考えずにぼんやりして、リフレッシュすることは気持ち的によさそうですね」

武田さん「わずかな時間でやってみると全然違うと思います。僕は自販機営業企画という部署で営業戦術の企画立案をしているのですが、業務の一環で社内のとある営業研修にカフェインナップを取り入れるようにしたところ、受講する社員の午後の集中力が目に見えて向上しました。一日研修だとどうしても、午後には眠そうな顔をした人が出てくるのですが、休憩時間にカフェインナップの時間を設けて5分だけでもウトウトしてもらうことで、研修の成果が上がったと実感しています」

ガチ鈴木「そうなんですね!」

ナベコ「お話を聞けてよかったです。午後のお仕事もがんばってください」

カフェインナップは画期的!

ガチ鈴木「そうか~。カフェインの覚醒作用が効いてくるのが、20分~30分後だから、効いてくるまでの時間差を活用して短時間の睡眠をとるというのがポイントなんだね。なるほど、理に適っているんだ」

ナベコ「話をお聞きしてカフェインと昼寝の組み合わせは画期的だと感じました! 会社的にやるようになったら、社員の集中力が高まって仕事の効率が上がり、良いことばかりではないですか。ところで、企業がカフェインナップを推奨するのは先進的ですね。池田さんも言っていたように、休憩中とはいえなんとなく昼寝しづらいという会社も少なくはないと思います」

ガチ鈴木とナベコも、カフェインナップをして「スッキリ」を体感しました。

ガチ鈴木「そうだよね。ダイドードリンコはなんでカフェインナップをやるようになったんだろう?」

ナベコ「気になったら聞きに行くのが記者のマインド。担当の方を尋ねてみましょう!」