このページの本文へ

授業料後払いのエンジニア学校、福岡で開校

2018年04月16日 18時20分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デジタルハリウッドは4月12日、GMOペパボ福岡支社内のフリースペース「ペパボ天神ステージ」(ペパステ)に、エンジニア起業家養成スクール「G's ACADEMY FUKUOKA」を7月に開校すると発表した。

 デジタルハリウッドが2015年4月に設立した「G’s ACADEMY TOKYO」は、新たなウェブサービス・ITサービスを日本から生み出すことを目指す「エンジニア起業家養成スクール」。定員の2倍近い応募者の中からIQ/IDEA入試で受講者を選抜。開校以来10期連続の満席で開講しているという。

 起業・転職を目指す人がプログラミングを0から学び、卒業前は一流エンジニアのメンターのサポートのもと、オリジナルウェブサービスを開発。卒業後は500万円までの投資や、オフィスシェアの支援が受けられるのも大きな特徴だという。開校から3年で22社が起業し、合計10億円以上の資金調達に成功するという実績を出しているとのこと。

 福岡市は2014年5月に国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」に選出されて以来、スタートアップ支援に注力しているという。2017年にはスタートアップ法人減税を導入したほか、官民共働型スタートアップ支援施設「FUKUOKA growth next」を開設。都心へのアクセスのよさやオフィスコストの低さも相まって、福岡市に活動拠点を置くスタートアップ企業やIT企業が増加。エンジニアやクリエイターといったIT人材の需要が急増しているという。

 G's ACADEMY FUKUOKAでは、東京で開校以来10期連続満席の、起業・就転職希望の社会人と大学生のみを対象とした本格的なエンジニア養成コース「DEVコース」をそのまま開講する。授業料後払いで入学から5週間受講した後に支払える。初心者歓迎で入学審査あり。プログラミング力ではなくIQまたはIDEAの能力、学習後のVisionで選抜。起業支援出資で起業する人には500万円までの投資や、シェアオフィスの提供などを実施する。

「G's ACADEMY FUKUOKA」


開講予定日:7月14日
日時:毎週土曜日14時00分~18時00分
会場:GMOペパボ福岡支社内フリースペース「ペパボ天神ステージ」(福岡県福岡市中央区天神2丁目7番21号 天神プライム)
期間:6ヵ月、4半期に1回開講
回数:授業回数12回、特別授業2回、メンター期間2ヵ月
定員:30名
受講料:入学金5万4000円、授業料27万円。授業料は後払い、分割可(教育クレジット)

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

JAPAN INNOVATION DAY 2019バナー

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ