このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

H370/B360マザーのおすすめはこれだ! ― 第3回

少数精鋭のラインナップで攻めるGIGABYTEマザー

2018年04月18日 15時00分更新

文● 鈴木雅暢 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルから第8世代Coreプロセッサー(Coffee Lake-S)の新モデルと新チップセットが発表された。これまでIntel Z370のみであったCoffee Lake-S対応チップセットH370、B360、H310が加わり、自作PCの構成の自由度が高まっている。

 この特集では、各マザーボードメーカーの独自機能と注目モデルを紹介していこう。第3回はGIGABYTEを取り上げる。同社がこのタイミングで投入するH370/B360/H310チップセット搭載モデルは5製品と少なめだが、少数精鋭で売れ筋にフォーカスしたラインナップとなっている。

GIGABYTEがH370/B360/H310チップセット搭載モデルとして投入するのは5製品

AORUSブランドの全部入りマザーを投入

 GIGABYTEのH370/B360/H310チップセットモデルは、ハイエンドゲーミングブランド「AORUS」シリーズのモデルを1製品、スタンダードのUltra Durableシリーズのモデルを4製品展開する。

ATXは全部乗せとシンプルな高コスパ製品の2製品を用意する
省スペースのmicroATX、Mini-ITXで合計3製品をラインナップ

 AORUSは同社が2017年から特に力を入れている総合ゲーミングシリーズで、エジプト神話の神「Horus(ホルス)」と一番を示す「A」の組み合わせに由来し、「多彩な装備」をもつ「最高」のゲーミングブランドという意味がこめられている。

 AORUSブランドの大きな特徴の1つが、派手なRGB LED機能「RGB Fusion」。チップセットヒートシンクやオーディオ部分などに加えて、メモリーソケットや独自のオーバーレイパーツを含めてとにかく派手に光る。

AORUSブランドには、エジプト神話の神「Horus(ホルス)」と一番を示す「A」の組み合わせに由来し、「多彩な装備」をもつ「最高」のゲーミングブランドという意味がこめられている
AORUSシリーズの大きな特徴であるRGB LED演出機能「RGB Fusion」はH370モデルでも健在だ
RGB LEDテープのほかに、アドレス指定が可能なデジタルLEDにも対応。高度なLED演出が楽しめる

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中