このページの本文へ

watchOS 4.3.1に気になるコードが:

アップルウォッチ文字盤開発できるようになる?

2018年04月16日 10時00分更新

文● G. Raymond

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

  現在アップルだけが提供しているApple Watchの文字盤(フェース)画面を一般の開発者が作れるようになるかもしれない。米メディア9to5macがwatchOS 4.3.1(4月2日β版配信開始)を解析したところ、サードパーティー開発者が文字盤を作れるようになる可能性を示唆する文言が見つかった(This is where the 3rd party face config bundle generation would happen)。9to5macはメジャーアップデートのwatchOS 5で実装されるのではないかと予想している。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン