このページの本文へ

BIOSTAR「B360GT3S」

BIOSTARからコスパ重視の安価なB360/H310搭載マザーボードが発売

2018年04月14日 23時13分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BIOSTARからもB360チップセット搭載マザーボードが登場。Micro ATX対応の「B360GT3S」の販売がスタートしている。なお、同時にH310チップセット搭載の「H310MHD PRO」も登場。どちらもパソコンショップアークとパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中だ。

BIOSTARから発売されたB360チップセット搭載マザーボード「B360GT3S」

 「B360GT3S」は、ゲーミングモデル 「RACING」シリーズの製品。オーディオ回路部にカスタマイズ可能なRGB LEDを搭載し、付属ユーティリティーの「VIVID LED」によりライティングパターンのコントロールが可能。また高性能FANコントロール機能「A.I FAN」を搭載している。

RGB LEDはオーディオ回路部のみと控えめ。M2は1本がPCIe3.0×2接続になるので注意

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×1。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-2666/2400/2133、最大64GB)という構成。オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I219V)や8CH HDサウンド(Realtek ALC1150)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1×2(Type-A+ype-C)、USB 3.0×4、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力はHDMI 1.4b、D-SUB、DVI-D。

 価格は1万1664円。

 同時発売の「H310MHD PRO」は、H310チップセット搭載のMicroATXモデル。スタンダードな「PRO」シリーズの製品で価格は7862円と安い。

シンプルでとにかく安いH310チップセット搭載の「H310MHD PRO」

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×2(DDR4-2666/2400/2133、最大32GB)という構成。オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)や8CH HDサウンド(Realtek ALC887)、SATA3.0×4、USB 3.0×4、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力はHDMI 1.4b、D-SUB、DVI-D。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中