このページの本文へ

コークハイではなかった

コカ・コーラ初のお酒 缶チューハイ 九州限定発売

2018年04月13日 20時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コカ・コーラシステムは新しく立ち上げたアルコールブランド「檸檬堂」からレモンサワー3種を5月28日発売します。エリアは九州限定。コカ・コーラが日本のアルコール飲料に参入を表明してから、初めての製品展開になります。

 登場するのは「檸檬堂 定番レモン」「檸檬堂 塩レモン」「檸檬堂 はちみつレモン」。容量は350ml缶のみ。いずれも、価格は160円前後になります。

 「前割り焼酎」をヒントに、丸ごとすりおろしたレモン果汁とお酒をあらかじめ馴染ませた「前割りレモン」を使用しているのが特徴。アルコール度数や果汁率が異なるレモンサワーをラインナップしたとのことです。

 檸檬堂 定番レモンは、アルコール度数5%、レモン果汁10%。お店の定番のレモンサワーを表現。

 檸檬堂 塩レモンは、アルコール度数7%、レモン果汁7%。塩で味を引き締めたとのこと。より強いお酒を好む人向け。

 檸檬堂 はちみつレモンは、アルコール度数3%、レモン果汁7%。はちみつでほんのり甘く仕上げたレモンサワーだそうです。アルコール度数は低め。

 コカ・コーラというと、これまでソフトドリンクのみを扱っていましたが、今回初めてアルコールに参入しました。お酒好きな記者としては、業界がどう活性化するかが楽しみです。コカ・コーラやファンタなど既存の人気ブランドを活かした製品展開にも期待。九州限定とのことですが、販売基盤が強いメーカーだけに全国でお目にかかれる時も遠くはないものと予想しています。

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧