このページの本文へ

山根博士の海外モバイル通信第389回

スマホ11台収納ポーチがリニューアル! タブレット版もアスキーストアで販売予定

2018年04月14日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマホが11台入るバッグがリニューアルしました

 「日々増え続けるスマートフォンをまとめて持ち運びたい」。そんな筆者の願いから、過去にスマートフォンが12台収納できるポーチを作ったことがあります。しかし最近のスマートフォンは大型化していますよね。そこで大きいスマートフォンも入るようにと、そのポーチをリニューアルしました。アスキーストアで間もなく販売予定です。

 オリジナルのモデルは(こちら

スマホユーザーのために作られたスマホ12台収納ポーチ

 商品名は「スマポーチ2018」。スマートフォンを数多く持ち運ぶユーザーのことを考えて設計しています。そもそもは筆者がスマートフォンを持ち運ぶために考えて作ったもの。なので筆者が求める機能をふんだんに盛り込みました。側面にはスマートフォンが3つはいるポケットがあります。Galaxy Note8やiPhone 8も入る大きさ。これが左右にあり、外側だけで合計6個のスマートフォンを収納できます。

側面はスマートフォンポケットが3つ

 どんどんサイズが大きくなるスマートフォンですが、最近はアスペクト比が18:9や19:9のものが増えてきたので、横幅は今以上に広がることはなさそう。このスマポーチ2018も、現行のスマートフォンの大型モデルがほぼ入る横幅。前述したようにGalaxy Note8も余裕ですし、Gemini PDAのように厚みのあるものも収納できます。なお、大きめのケースをつけている場合は内側のポケット(後述)に入れることもできます。

厚みのあるスマホも大丈夫

 ポケットの内側はミリタリー模様でちょっとしたアクセントに。この蓋の部分は中に織り込めます。これも後述しますがスマートフォンを頻繁に出し入れしたいときや、入れたまま充電したいときは蓋を織り込む、あるいは切り取ってしまってもいいでしょう。

ポケットには裏地がミリタリーカラーの蓋つき

 ポーチの内部は、外側とほぼ同じ幅のポケットが3つと、その反対側にはより幅のあるポケットが2つあります。大きいケースをつけたスマートフォンや、厚みのあるポータブルハードディスクなどは2つポケット側に入れるとちょうどいい感じ。内部は赤地なので、細かいものを入れた時も探しやすくなっています。

内側にもポケットが3つ反対側は幅の広いポケットが2つ

 そしてマチの部分は、内側と外側にペンホルダーがあります。市販のポーチはペンホルダーが側面にあることもありますが、側面こそスマートフォン専用にしないとスペースがもったいないですよね。マチというすき間空間にペンやスタイラスなどを入れておくことができます。

 このペンポケットは内側2ヵ所、外側2ヵ所と、合計4つもあります。外側の片方にはキーリングがついていますが、ここには自分のカバンの目印としてキーホルダーなどをつけておくとよさげ。

マチの部分にはペンホルダー外のマチにもペンホルダーあり。片側にはキーリングも備わる

 そして外側のポケットと、内側の間にも隠しポケットがあります。ケーブルを入れたりメモ帳やパスポートを入れておくといいでしょう。とにかく収納にこだわっているのがこのスマポーチ2018なのです。

隠しポケットも存在

 さて便利な使い方を1例。内側にモバイルバッテリーを入れてUSBケーブルを延ばし、外側のポケットの蓋を折り込んで、入れたスマートフォンのUSB端子に接続して充電が可能です。ポーチの内側はファスナーで閉まりますが、端は開口しています。カバンにスマートフォンを収納したまま、こうして充電しておくことも可能なのです。

スマホを充電することも可能

 これだけの数のデバイスもすべて収納できてしまうのです。インナーバッグとして考えて作られているので、ショルダーバッグのように使うことは想定していません。なによりもこのスマポーチ2018を紛失すると、自分のスマートフォンもすべて失ってしまいますから、カバンの中に入れて使うほうがいいでしょう。

11台のデバイスの収納が可能

 今回は、外側のポケットの片側を透明ポケットにした「タブスマポーチ9」も作りました。スマートフォンの収納台数は8台に減るものの、透明ポケット部分にはメモ帳やパスポートを入れたり、9型クラスのタブレットを入れて、そのまま透明ビニールの上から操作することも可能です。もともとはiPad Miniなどの小型タブレットを想定して作ったもの。何を入れるかは皆さんが自由に考えてください。

片側が透明ポケットになった「タブスマポーチ9」

 筆者が自分で使っていて毎日満足、といいますか、もはやこれなしでは外出できないほど便利なポーチです。また自宅でのスマートフォン収納用に使うのもいいですよ。アスキーストアでの発売をお待ちください。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン