このページの本文へ

CENTURY「裸族の二世帯住宅リフォーム」

USB 3.1 Gen.2対応のHDDケース「裸族の二世帯住宅リフォーム」が登場

2018年04月12日 22時49分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーから「裸族」シリーズの新製品「裸族の二世帯住宅リフォーム」が発売された。3.5インチSerial ATA対応HDDを2台搭載できる外付けケースだ。

「裸族」シリーズの新製品「裸族の二世帯住宅リフォーム」

 アルミプレートパネルを採用するフロントドアを開けて差し込むだけの簡単設計で、RAIDレベルはストライピング(RAID 0)/ミラーリング(RAID 1)/コンバイン(JBOD)/スタンダード(個別)の4種類が選択できる。

アルミプレートパネルを採用するスタイリッシュなデザイン。RAIDレベルはスイッチにより設定するいつものスタイルだ

 PCとの接続は最新のUSB 3.1 Gen.2。同社のテストでは815.1MB/sと理論値10Gbpsに近い高速転送を計測したという。そのほか、PCの起動/終了に合わせて、HDDと冷却ファンの回転を停止する「電源連動機能」を搭載。付属品は、USB Type-C変換アダプター(TypeA→TypeC)や専用USBケーブル(Type-A-Type-C)、専用ACケーブルなど。

 価格はパソコンショップアークで1万7800円だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中