このページの本文へ

「DNA折り紙」でプラズモン歩行器システムを試作、ドイツチーム

Emerging Technology from the arXiv

2018年04月11日 18時33分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

金属導体中の電子の海と光子との相互作用によるプラズモン現象を、情報処理や通信に利用するプラズモニクスの研究が始まっている。ドイツのマックスプランク知能システム研究所は「DNA折り紙」の技術を使うことで、金でナノスケールのスイッチや歩行器を試作することに成功した。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ