このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

レコーダー+NASで最強テレビ録画システムを構築! 『DiskStation DS218j』をフル活用する

2018年04月13日 11時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 編集●ジサトラショータ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

細かくカスタムできる『DS218j』

『DiskStation DS218j』。実売価格は1万9500円前後

 今回使用した『DS218j』は、Synologyの2ベイタイプのエントリーNAS。CPUはARM v7アーキテクチャ採用でデュアルコアのMarvell『Armada 385 88F6820』で、エントリーモデルながら応答性は非常によく、設定の際もわずらわしさはない。特徴は、『DiXiM Media Server』以外にもさまざまなアプリをインストールして機能を拡張できることだ。また、QuickConnectを登録しておけば、スマホだけでなく、出先のPCからのアクセスも容易になるので、フル活用したいのであれば登録しておくといいだろう。

背面には有線LANコネクターのほか、USBポート2つを備える

 オススメしたい設定は、PCやスマホの画像データの自動バックアップだ。方法は、パッケージセンターに用意されている『Cloud Station Server』および『Cloud Sync』のふたつのソフトをインストールするだけでいい。『Cloud Station Server』は、PCにCloud Station Backupをインストールし、バックアップしたいフォルダやストレージを選択すると、変更があった場合に自動的で同期を行う。バックアップ元のデータを削除しても、バックアップ先のデータを保持するといった設定も可能だ。

オンラインストレージにデータを転送してくれる『Cloud Sync』。本当に便利

 『Cloud Sync』は、GoogleドライブやAmazon Driveなどのオンラインストレージにデータを転送するもの。Cloud Station Serverで指定したフォルダを選択することで、自動で多重バックアップも可能というわけだ。またスマホ用アプリも自動的バックアップできるため、まずはバックアップ関連のアプリをインストールしてみるといいだろう。なお参考になる過去記事としては『4200万画素の非圧縮RAW写真が増えすぎたので、4Bay NAS「DS416play」を導入!』があるので、こちらも参照いただきたい。

USB CopyはDS218jにUSBストレージが接続されると自動的にバックアップを実行するもの。SDカードリーダーでも動作するので、地味ながら便利なパッケージ
データの転送速度は良好で、大半のファイルを直接開く場合も待ち時間がほとんどない。使用したHDDはWestern Digital WD20EFRX×2

 加えて、特にパッケージをインストールしなくてもDLNAに対応しているため、PS4やレコーダー、TVなどの対応機器から音楽や動画の再生が可能だ。データ置き場として活用できるだけでなく、自動処理にも対応したものだと思って接していくといいだろう。そのほかパッケージにはメーラーやカレンダー、チャットなども用意されているので、慣れてきたら試してみるといい。自分用にカスタムされた大容量ストレージにどこからでもアクセスできるのは、とても便利だ。まずは『DS218j』からトライしてみてほしい。



提供:Synology

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン