このページの本文へ

高画質を損なわないHDR映像伝送、Bluetoothオーディオ送受信にも対応

ヤマハ、音の基本性能をさらに高めた5.1ch AVレシーバー「RX-V385」

2018年04月11日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RX-V385」

 ヤマハは4月11日、音の基本性能をさらに高めるとともにHDR/4K映像伝送やBluetoothにも対応した5.1ch AVレシーバー「RX-V385」を発表。4月下旬に発売する。

 ヤマハHiFiプリメインアンプやAVレシーバーの上位機種にも使用されている2chステレオ仕様の384kHz/32bit D/Aコンバーターを3基搭載、音の基本性能を妥協なく追求したという。内蔵の5chパワーアンプは2.0ch~3.1chスピーカー接続時に音質向上が期待できるフロントバイアンプ接続としている。

豊富な入出力に対応

 HDR映像伝送やBT.2020映像伝送、HDCP 2.2、4K/60p 4:4:4映像信号のパススルー、4Kアップスケーリングに対応するHDMI端子を装備し、各種映像機器と接続した場合でも画質を損なうことなく高音質を楽しめるという。さまざまなスピーカー配置に対応する音場創出技術「シネマDSP」、ワイヤレス接続時に圧縮で失われれる情報を補正するミュージックエンハンサー付きBluetooth通信機能などを搭載。

 HDMI入力×4、HDMI出力×1のほか、光/同軸音声入力。アナログ(RCA/ステレオミニ)、サブウーファープリアウト、USB音声入力など多数の入出力を備え、ワイドFM/AMチューナーを内蔵。価格は5万1840円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン