このページの本文へ

富士通、省電力・小型化で最大2000万円コストダウンできるサーバー

2018年04月12日 13時30分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は4月12日、マルチノードサーバーの新モデル「FUJITSU Server PRIMERGY CX1430 M1」を、データセンター事業者やクラウドサービスプロバイダーなど向けに販売開始した。価格は65万1024円。

 低消費電力かつコンパクトなサーバー設計を実現できるというCPU「インテル Xeon プロセッサー D 製品ファミリー」を搭載することで、電気料金や設置スペースなどの削減を可能にした。これにより、従来構成と比べて最大約2000万円の運用コストを削減できるという。

 1サーバノードあたり、メモリー(DDR4-2400 RDIMM)は最大128GBまで。ストレージはBC-SATA HDDとSATA SSDに対応し、最大2基で合計3.84TBまで拡張できる。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通