このページの本文へ

普及が進むスマート家電をターゲットとするマルウェアを予防

トレンドマイクロ、無料の安全性診断ツールがスマート家電に対応

2018年04月10日 19時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
脆弱性診断機能の画面

 トレンドマイクロは4月10日、家庭内ネットワークの安全性を診断する無料ツール「オンラインスキャン for Home Network」にスマート家電の脆弱性診断機能を追加した。

 スマートテレビやスマートスピーカー、ウェブカメラなどホームネットワークに接続される家電が多くなる一方で、スマート家電をターゲットとしたマルウェアも登場している。

 オンラインスキャン for Home Networkの新機能として追加された「脆弱性診断機能」は、ルーターやウェブカメラを遠隔操作する脆弱性を診断し、ランサムウェアが感染拡大に利用する脆弱性の有無を診断。また、スマート家電をターゲットとするマルウェアが悪用するポートが開放されていないかをチェックする。

 さらに、接続されているデバイスを可視化して知らない装置がホームネットワークにつながっていないかを見つけやすくするほか、デバイス個々の管理ID/パスワードが簡単なものに変更されていないかといった診断も行なえる。

カテゴリートップへ

ピックアップ