このページの本文へ

色収差を抑えるデュアルレンズを採用し鮮明な映像を提供

エレコム、VR酔いを低減するデュアルレンズ搭載VRグラス

2018年04月10日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「P-VRGR03シリーズ」、カラーはブラックとホワイトの2モデル

 エレコムは4月10日、デュアルレンズを採用することでVR酔いを低減できるVRグラス「P-VRGR03シリーズ」を発表。4月下旬に発売する。

 スマホをセットして利用する簡易VRグラス。4.0型~6.0型のiPhoneやAndroidスマホに対応する。簡単な光学系のVRグラスではレンズを1枚しか持たない製品もあるが、レンズを通る光の波長の差からボケが生じる「色収差」が起きやすく、VR酔いの原因のひとつとも言われている。P-VRGR03シリーズではレンズ2枚用いることで色収差を抑えており、鮮明な表示とともにVR酔いの低減が期待される。

安価なVRシステムでは色収差がそのまま目に届くためVR酔いの原因のひとつとも言われている 

 目の幅と焦点距離は調節可能なほか、メガネを着用したままでも装着できる余裕のあるサイズとなっている。また、スマホを装着したままでもイヤフォンなどを接続可能。前面側は透明カバーを採用し、アウトカメラを使用したARコンテンツにも対応する。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース