このページの本文へ

国民電子健康情報システムにリンクしてパーソナライズした健康アドバイスを

エストニア、国民のDNA情報を収集

2018年04月10日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
エストニア国民健康情報サービス

 エストニアは無料の遺伝子検査を提供してDNAデータを収集、パーソナライズした国民の健康アドバイスに用いるという。

 同国の国立健康研究所やタルトゥ大学のエストニア遺伝子センターによる行動プロジェクトで、エストニアが進める電子政府における電子健康管理とリンク、パーソナライズされた健康アドバイスを行なうという。

 エストニア遺伝子センターではすでに5万人分のDNAを収集して遺伝的な疾病研究に利用しているが、予防医療の発展のためにさらに10万人分の遺伝子バンク登録者を求めている。すでに登録済みの人への健康アドバイスサービスは3月20日に開始、新たな遺伝子検査の受け付けは4月2日に開始した。

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談