このページの本文へ

分散型アプリ・サービスや仮想通貨取引所も目指す

LINE、ブロックチェーン技術の専門組織「LINE Blockchain Lab」を設立

2018年04月06日 18時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ブロックチェーン技術の研究・開発を行う専門組織「LINE Blockchain Lab」を設立

 LINEは4月5日、新たに取り組むブロックチェーン基盤技術およびその応用サービスの研究・開発を行なう専門組織として「LINE Blockchain Lab」を設立した。

 ブロックチェーン技術を応用した分散型アプリ・サービス「dApp」の開発や、P2Pネットワークによる分散システム、暗号化技術の研究を行ない、独自ブロックチェーンプラットフォームの開発にも取り組むとしている。

 研究・開発された技術は、既存のLINE関連サービスへの応用に加え、2018年1月に設立したLINE Financialをベースとして準備・検討を進めている仮想通貨交換および取引所やローン・保険など金融事業、独自ブロックチェーンプラットフォームのオープン化なども目指すという。

 LINE Blockchain Labにともない、ブロックチェーンプラットフォームおよび応用サービスの研究・開発を担当するエンジニア職の採用を積極的に行ない、年内に30人規模の組織とする。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン