このページの本文へ

Adobe Acrobat DCサブスクリプション版の効率的なライセンス管理

アドビ、活用事例やe-文書法を解説する「最新PDF活用セミナー」を開催

2018年04月06日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「最新PDF活用セミナー」

 アドビシステムズは4月26日に「e-文書最新PDF活用セミナー」と題した最新PDFの活用セミナーを開催する。

 働き方改革が求められるなか、ITソリューションの活用や電子ドキュメントワークフロー構築が求められており、今回は最新版「Adobe Acrobat DCサブスクリプション版(期間契約型ライセンス)」について機能面やユーザビリティーの進化を解説。管理者が知っておくべき効率的なライセンス運用、PDF最新活用事例などを紹介。

 また、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)より、e-文書法による文書管理の基礎を特別講演する予定。e-文書法や働き方改革による生産性向上に携わる人に有益なセミナーとなっているという。

 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル(フクラシア東京ステーション)6階にて開催。定員50名、参加費無料(要事前登録)。会場でアンケートに記入して参加者にはAcrobatを徹底解説した「Acrobat DC 早わかりガイド」を贈呈。

カテゴリートップへ