このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

クアッドコアCPU+GTX 1050で性能もバッチリ

デザイン+性能を重視なら、日本HPで決まり!! スタンダード15型「HP Pavilion Power 15」レビュー

2018年04月16日 18時00分更新

文● 渡部仁 編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

趣味も仕事もOK! ユーザーの利用シーンを問わない懐の深さが魅力的!

 「HP Pavilion Power 15」は、クアッドコアCPU、GeForce GTX 1050を搭載という、“スタンダードノート”のイメージをくつがえす贅沢な装備が満載だ。先に挙げたように、その余裕のあるパフォーマンスのおかげで、高解像度の画像処理などでも存分に役立ってくれるはず。しかもHP Directplus直販価格は、9万2800円(税別)から用意されており、コストパフォーマンスの点でも非常に魅力的といえるだろう。

 また趣味や業務で本格的に使い続けたいという方なら、予算に合わせて「HP Pavilion Power 15 スタンダードモデル」「HP Pavilion Power 15 パフォーマンスモデル」のどちらかをオススメしたい。どちらもCPUとして第7世代Core i7-7700HQを採用しており、16GBのメモリーに加えて128/256GB SSD(PCIe NVme M.2)と1TB HDDを搭載している。さらに「HP Pavilion Power 15 パフォーマンスモデル」は、4K UHD(3840×2160ドット)という高い解像度が魅力だ。第7世代Core i7-7700HQという高性能PCUに加えて、高速なSSD、データ置き場に向いたHDDと使い分けると、利便性がさらに高まる。

 趣味や仕事を問わずストレスなく“使える”「HP Pavilion Power 15」なら、新入学、就職といったきっかけに愛用しやすいノートPCが欲しいという方にとって最良の相棒となってくれること間違いなしなのだ!

主なスペック
名称 HP Pavilion Power 15 ベーシックモデル HP Pavilion Power 15 スタンダードモデル HP Pavilion Power 15 パフォーマンスモデル
直販価格(税別) 9万2800円から 11万5800円から 12万9800円から
CPU Intel Core i5-7300HQ(2.5GHz) Intel Core i7-7700HQ(2.8GHz)
メインメモリー(最大) 8GB(最大8GB) DDR4-2400MHz 16GB(8GB×2、最大16GB) DDR4-2400MHz
ディスプレー(最大解像度) 15.6型フルHD(1920×1080ドット)、非光沢、LEDバックライト、220nit 15.6型4K UHD(3840×2160ドット)、非光沢、LEDバックライト、300nit
グラフィックス機能 NVIDIA GeForce GTX 1050(4GB GDDR5)
ストレージ 1TB HDD(SATA) 128GB(PCIe NVme M.2)+1TB HDD 256GB(PCIe NVme M.2)+1TB HDD
光学式ドライブ
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース HDMI 2.0端子、USB 3.1 Type-C(Gen1)端子、USB 3.1 Type-A端子×3、Bluetooth 4.2
カメラ 約92万画素Webカメラ
カードリーダー SD/SDHC/SDXC対応
サウンド機能 BANG & OLUFSEN Playデュアルスピーカー、ヘッドホン/マイク入力兼用端子、内蔵デュアルマイク
キーボード 日本語キーボード(テンキー付き)
本体サイズ 幅378×奥行き254×高さ22(最薄部)- 27(最厚部)mm
重量 約2.29kg
バッテリー駆動時間 約10時間 約8時間
OS Windows 10 Home(64bit)、Windows 10 Pro(64bit)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ