このページの本文へ

Intel 300シリーズチップセット搭載マザーが発売【ASUS編】

2018年04月05日 23時47分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 第8世代インテルCoreプロセッサーの新モデルに合わせて発売されたIntel H370/B360/H310チップセット搭載マザーボード。ASUSからは9モデルが発売されている。

 ASUSから発売されたのは、「ROG STRIX」シリーズや新たに加わった「TUF GAMING」などのゲーマー向けモデルのほか、スタンダードな「PRIME」シリーズなど計9製品。販売ショップは、パソコンショップアーク、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.。

「ROG STRIX H370-I GAMING」

 解禁日に登場した唯一の「ROG STRIX」シリーズは、チップセットにH370を採用するMini-ITXモデル。ゲーミング向けのハイエンド仕様で、PCIe3.0×4接続対応のM.2スロットを2基備えるほか、ギガビットLAN×2、インテル Wireless-AC 9560によるWiFi 802.11 ac Wave2 + Bluetooth 5対応のネットワーク機能を搭載する。なお、イルミネーション管理機能「ASUS AURA Sync」もサポートする。

H370を採用するMini-ITXモデル「ROG STRIX H370-I GAMING」。大型の一体型バックパネルを採用するのも特徴。価格は1万8880円

「TUF H370-PRO GAMING (WI-FI)」

 チップセットにH370を採用する「TUF GAMING」シリーズの最上位モデル。ミリタリーグレードで耐久性重視の作りは健在で、さらにイルミネーション管理機能「ASUS AURA Sync」をサポートするなどゲーミングPCも意識した作り。また、インテル Wireless-AC 9560によるWiFi 802.11 ac Wave2 + Bluetooth 5対応のネットワーク機能を搭載する。

H370を採用する「TUF GAMING」シリーズの最上位モデル「TUF H370-PRO GAMING (WI-FI)」。価格は1万7260円前後

「TUF H370-PRO GAMING」

 チップセットにH370を採用する「TUF GAMING」シリーズの上位モデル。「TUF H370-PRO GAMING (WI-FI)」からWiFi機能を省いた製品で、その他のスペックは変わらず。

H370を採用する「TUF GAMING」シリーズの上位モデル「TUF H370-PRO GAMING」。価格は1万5980円前後

「TUF B360-PLUS GAMING」

 チップセットにB360を採用する「TUF GAMING」シリーズのATXモデル。H370採用モデルよりもコスト重視のユーザー向け。2つのM.2スロットやTUF LANガードを備えるギガビットLANを搭載。「ASUS AURA Sync」もサポート済み。

B360を採用する「TUF GAMING」シリーズのATXモデル「TUF B360-PLUS GAMING」。価格は1万3000円前後

「TUF B360M-E GAMING」

 チップセットにB360を採用する「TUF GAMING」シリーズのMicroATXモデル。H370採用モデルよりもコスト重視のユーザー向け。M.2スロットやTUF LANガードを備えるギガビットLANを搭載。「ASUS AURA Sync」もサポート。

B360を採用する「TUF GAMING」シリーズのMicroATXモデル「TUF B360M-E GAMING」。価格は1万1320円前後

「PRIME H370-A」

 チップセットにH370を採用するスタンダードモデル「PRIME」シリーズのATX版「PRIME H370-A」。「ASUS AURA Sync」がないなどシンプルな作りで、ゲーミング機能は不要という人ならこちら。

H370を採用するスタンダードなATXモデル「PRIME H370-A」。価格は1万4000円前後

「PRIME H370M-PLUS」

 チップセットにH370を採用するスタンダードモデル「PRIME」シリーズのMicro ATX版「PRIME H370M-PLUS」。M.2スロットはPCIe3.0×4とPCIe3.0×2が各1。使用の際には注意したい。

H370を採用するスタンダードなMicroATXモデル「PRIME H370M-PLUS」。価格はATX版と同じ1万4000円前後

「PRIME B360M-A」

 チップセットにB360を採用する「PRIME」シリーズのMicroATXモデル「PRIME B360M-A」。安価ながらPCI Express(3.0) x16スロットをを挟んでPCIe3.0×4接続のM.2スロットを2本搭載する。

H370を採用するスタンダードなMicroATXモデル「PRIME B360M-A」。価格はATX版と同じ1万1900円前後

「PRIME H310M-A」

 チップセットにH310を採用する「PRIME」シリーズのMicroATXモデル「PRIME H310M-A」。M.2スロットはPCIe3.0×2接続を1本搭載するほか、ギガビットLANはRealtekチップ。

「PRIME」シリーズのH310搭載MicroATXモデル「PRIME H310M-A」。価格は8100円前後と安い

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中