このページの本文へ

さまざまな設置環境に対応し、安定接続を重視した「WLX313」

ヤマハ、最大150台接続可能なトライバンド対応AP

2018年04月04日 18時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年4月4日、ヤマハはIEEE802.11ac対応の無線LANアクセスポイント(AP)の新製品「WLX313」を発表した。

トライバンド対応の新AP「WLX313」

 「守備範囲の広い無線LAN AP」を謳うWLX313は、「WLX302」の後継機種にあたる無線LAN AP。2.4GHzと5GHz×2のトライバンド対応で、1つのチップで最大50台、3つで最大150台の端末と接続できる。5GHz帯の2つのチップで負荷分散する機能を搭載するほか、気象レーダーを検出した場合に迅速に切り替える「Fast DFS」によって安定した通信が可能になる。

 本体前方向に電波を送信するアンテナを内蔵するほか、アンテナポートや本体を中心に全方位で電波を送信する付属ショートポールアンテナ、壁掛け、天吊りに加え、卓上での設置を前提にしたスタンドも用意される。

 その他、学校の利用を前提に災害時に通信を開放するモードを用意するほか、ホテルなどでの利用を前提に異なるAPに接続した端末間の通信を遮断する機能も搭載。複数の無線LAN AP(最大49台のWLX313)を統合管理できるコントローラー機能やWLX302やWL402と同じ無線LANの「見える化ツール」提供されるほか、内蔵のRADIUSサーバーで300ユーザーに対してWPA/WAP2エンタープライズ認証が利用可能。

 価格は6万9800円(税抜)で、2018年5月に発売開始される。

カテゴリートップへ

ピックアップ