このページの本文へ

IDC、2022年の国内パブリッククラウドサービス市場規模を1兆4000億円と予測

2018年04月03日 15時40分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
国内パブリッククラウドサービス市場 売上額予想(2017〜2022年)

 IDC Japanは4月2日、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。

 2017年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比29.8%増の5016億円。2017年〜2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は22.9%で推移し、2022年の市場規模は2017年比2.8倍の1兆4065億円になると予想している。

 この背景には、利用中のエンタープライズアプリケーションを可能な限り変更を加えることなくパブリッククラウドへ移行する「Lift & Shift」の活性化による高い成長を挙げている。なかでもIaaSの成長は高く、先行して普及してきたSaaS市場規模を超えた最大のサービスセグメントになったとのこと。

 このほか国内IT市場においては、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)が高い注目を集めたとする。DXアプリケーションは、その開発に業務担当者の関与が必須であると共に、優れた拡張性/柔軟性/連携性と短いサイクルでのリリースが重要。そのため、「DevOps」や「Low Code/No Code(高度なプログラミング/コーディングなどをせずに、アプリケーションを開発すること)」に対する注目も高まっている。

 現在、DevOpsやLow Code/No Codeを実践する環境として、PaaSは著しく発展している。さらには、近年、高い注目を集めている「コグニティブ/AIシステム」「IoTプラットフォーム」「APIエコノミー」に対応したPaaSの本格的な提供が始まっている。以上のことから、PaaSの発展が今後の国内パブリッククラウドサービス市場の成長を促進する大きな要因になるという。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ