このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ムレにくくゲーム機に最適なヘッドセット「G433」&「G231」の実力

2018年04月06日 11時00分更新

文● 飯島範久 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲームを快適にプレイするには、ハードウェアのグラフィックス性能やディスプレーの性能も重要だが、音の環境によってもかなり左右される。とくに、FPSではどこから弾が飛んでくるか、銃撃音の方向やかすかな足音でも認識できる解像感がないと厳しい。

 FPSに限らず、音が鮮明で迫力があるほど、ゲームの臨場感は増し、高い没入感を得られる。そんな、良いゲームサウンド環境を手に入れるのに相応しいのがロジクールのゲーミングブランド「ロジクールG」のゲーミング ヘッドセットだ。今回は、7.1chサラウンド対応の「G433」とスタンダードな「G231」の2つのタイプを紹介する。

 ロジクールGは、通常のロジクール製品と違い、eスポーツを中心にゲーミングのために開発された高性能、高品質の製品を揃えるブランドだ。サポートしているプロゲーミングチームのメンバーに実際使ってもらい、最適なデバイスになるよう調整されている。まさに全てのゲームをプレイするために生まれてきたデバイスたちなのだ。

ケーブルが着脱可能!あらゆるデバイスで使える最適な1台

「G433」はブラック、ブルー、レッドの3色が用意されている

「G433」は有線接続のヘッドセット。実売価格は1万900円前後と有線タイプの7.1ch対応としては、割高ではあるがケーブルは着脱式で、複数の組み合わせでPCおよびPlayStation 4(PS4)やXbox One、スマホにタブレットといった、あらゆるデバイスで使用できる。

「G433」の主なスペック
ドライバー40mm
周波数特性20Hz~20KHz
インピーダンス32 Ohm
感度107dB SPL/mW
マイク周波数応答100Hz-10KHz
サイズ/重量172(W)×81.7(D)×182(H)mm/259g(ケーブル除く)

 最近はUSBドングルを使って、手早く無線接続できるヘッドセットも多いが、ケーブルのわずらわしさよりも挿して使えるというシンプルな使い勝手が良いという人も多い。ケーブルが着脱式ならば、自分のスタイルに合わせてケーブルを変えて、手早くいろんなデバイスと接続できる。

PS4(左)やXbox One X(右)の場合は、コントローラーにあるイヤホンジャックにケーブルで接続して使用する
PCのみならず、もちろんスマホやタブレットでも使用可能。軽量で着け心地も良いため、スマホゲームを長時間プレイしたり、音楽を聴くのにも好適だ

 さらに、外側に疎水性に優れ、汚れにくい素材を使い、内側には通気性に優れた着け心地の良いスポーツメッシュ素材を採用したことで、蒸れにくく長時間プレイにも向いている。

スポーツ用メッシュ素材のイヤーパッドを採用。熱のこもりや汗による蒸れを軽減する

 加えて、パソコンで使用する際は、USB DACとロジクール ゲーミング ソフトウェアにより、各ゲームにさまざまなサウンドプロファイルをプログラミングできる。このように、これ1台であらゆるシーンでゲームを快適にプレイできると考えれば、決して高くない。

 イヤーパッドは、マイクロファイバー製パッドも同梱されており、装着感によって使い分けることもできる。より柔らかな着け心地が好みならマイクロファイバーがオススメだ。

マイクロファイバー製バッドも同梱。装着感の好みによって変えられる

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中