このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

広角25mmレンズ&広面積センサー採用 パナソニックが4Kビデオカメラ4機種を一斉投入

2018年04月04日 13時10分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HC-WXF1M/WZXF1M」。カラーはブラックのみ。なお、WXF1MとWZXF1Mは流通経路によって型番が異なるだけで、製品は基本的に同じもの
「HC-WXF1M/WZXF1M」。カラーはブラックのみ。なお、WXF1MとWZXF1Mは流通経路によって型番が異なるだけで、製品は基本的に同じもの

 パナソニックは4月4日、4Kビデオカメラの新モデルを発表。4Kモデルだけで4機種も投入する。

レンズやセンサーを刷新した上位モデル

EVFなしの「HC-WX1M/WZX1M」。同じくカラーはブラックのみ モニターのフチにサブカメラを搭載。横に回転するので角度調整も可能
EVFなしの「HC-WX1M/WZX1M」。同じくカラーはブラックのみモニターのフチにサブカメラを搭載。横に回転するので角度調整も可能

 5月17日発売予定の「HC-WXF1M/WZXF1M」(予想実売価格 16万円前後)と「HC-WX1M/WZX1M」(同13万円前後)は、同社4Kビデオカメラの上位モデル。HC-WXF1M/WZXF1MはEVF搭載モデルとなる。

 どちらもサブカメラを搭載し、ピクチャーインピクチャーの形で2つの撮影風景を記録できる「ワイプ撮り」が可能だ。

広角25mmの「LEICA DICOMAR」レンズを搭載 広角25mmの「LEICA DICOMAR」レンズを搭載

 新しい「LEICA DICOMAR」レンズを採用し、光学24倍ズームで広角側25mm(35mm判換算)を実現。広い画角の撮影が可能だ。

 また、1画素あたりのの面積を約1.7倍とした新しい1/2.5型MOSセンサーを採用。光をより多く取り込めるため、暗いシーンなどで有利となる。総画素数は857万画素で、4K記録時(16:9)は829万画素となる。

再生メニューではタブ方式を新たに採用。ファイルの種類を簡単に切り替えられる 再生メニューではタブ方式を新たに採用。ファイルの種類を簡単に切り替えられる

 機能面では、逆光や階調の少ないシーンなどでコントラストを調整する「インテリジェントコントラスト」を新たに搭載。細部の強調や黒つぶれの防止などが自動で可能だ。

 AFは従来からの「4KハイプレシジョンAF」を採用。独自の技術により4Kでも高速かつ高精度なAF動作となっている。

新しいレンズユニット 新しいレンズユニット

 手ブレ補正は5軸。撮影状況を自動で判断して補正機構を最適に動作させる「アダプティブO.I.S」を新たに採用するほか、レンズユニットの可動部分をシャフトからボール型に変更した「ボールO.I.S」を新搭載。従来よりなめらかな手ブレ補正が可能だ。

HC-WXF1M/WZXF1Mはレンズ先端がマニュアルリングになっている 下方の2つのボタンでリングの機能を切り替える
HC-WXF1M/WZXF1Mはレンズ先端がマニュアルリングになっている下方の2つのボタンでリングの機能を切り替える

 なお、HC-WXF1M/WZXF1Mはフォーカス合わせやズーム、アイリス調整などが可能な新しいマニュアルリングを搭載。マニュアル時はホワイトバランスやAF切り替えなどができ、より細かい調整を直感的にできる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン