このページの本文へ

買えなかった4ヵ月間にさらに賢くなったAmazon Echoが、ついに誰でも入手可に

2018年03月30日 01時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Amazon.co.jpは、今日30日からスマートスピーカー「Echo Dot」「Echo」「Echo Plus」の一般販売を開始する。価格はそれぞれ5980円、1万1980円、1万7980円。Echo Dotは4月2日までの期間限定で1500円を割り引くほか、Echo Plusには同価格でスマート電球「Philips Hue」のセットモデルが用意される。

Google HomeやLINE Clovaにはやや遅れたが、スマートスピーカーの本命と言えるAmazon Echoがついに国内での販売を本格的に開始する

 予約受付はすでに始まっており、出荷は4月3日を予定。また、Echo Dot、Echoの2製品については、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなど約1000店舗の家電量販店でも同じく4月3日から販売する。

3モデル用意されているが、Alexa部分の性能は基本的に同等

招待制で販売から4ヵ月
学習や機能追加で完成度を高めて、一般販売へ

 Amazon Echoは、クラウドベースのAIアシスタントである「Amazon Alexa」により、ユーザーの声で操作できる点が最大の特長。昨年11月にスタートした招待制による販売開始からの約4ヵ月間に、実際の使用環境において日本語の認識力や日本のユーザーの嗜好などを学習するとともに、サードパーティーがAlexaに機能を追加する「スキル」も当初の265から600以上に増えるなど、製品の完成度が高まったことで、今回の一般販売開始という判断に至ったという。

スキルの多さをパネルでもアピール

 メディア向けの説明会では、この4ヵ月間に追加された、さらなる機能強化についても紹介された。

Echoは学習による日本語認識や知識面での強化だけでなく、スキルによる機能拡張も進められている

 「マルチルームミュージック機能」は、自宅内に複数のEchoを同期して、同時に同じ音楽を流してくれるというもの。また、読み上げ機能に対応したKindleの電子書籍をAlexaが読んでくれるようになった。

 「定型アクション」と呼ばれる機能も追加された。これは毎日行なう日課的な複数の操作(朝にニュースをチェック、天気予報を聞くなど)をあらかじめ設定しておくことで、1回の音声コマンドや指定時間にまとめて実行してくれるというものだ。

 さらに特定のスキルから通知を受け取ることも可能になった。たとえば「全国タクシー」のスキルでは、声の操作でタクシーの配車を依頼。その後、実際に配車が確定した際に、通知によってそのことを知らせてくれる。

通知を用いたスキルの高機能化を始め、既存のスキルについても強化されたものが多いという

 一方で、Echo同士で会話をするコミュニケーション機能など、英語圏のEchoにはあって、日本版にはない機能はまだまだ存在し、それらについても今後も開発を進めていくとのことだ。

オンキヨーとAnkerのAlexa搭載スピーカーも同時発売
Amazon Musicアプリも音声で操作可に

 なお、Alexaに対応したスマートスピーカーには、オンキヨー「P3」やAnker「Eufy Genie」があるが、両製品についてはEchoシリーズと同じく4月3日から一般販売開始。Harman Kardon「Allure」は近日発売予定としている。

Alexa搭載の他社製品も仲良く展示。オンキヨーとAnkerについては同日での一般販売開始だ

 さらにスマホ向けの「Amazon Music」アプリにAlexaの機能が追加された。これにより、スマホで音楽を楽しんでいるときにも、自宅にいるときと同じく音声での検索や操作が可能になる。

スマホアプリでもAlexaによる操作が可能に

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン