このページの本文へ

マルチノードのGPUプラットフォームを拡張

NVIDIAの最新GPUを用いたプライベートスパコン「MN-1b」7月に稼働

2018年03月28日 17時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年3月28日、Preferred Networks(PFN)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)、NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は、米国時間2018年3月27日に発表された最新の「NVIDIA Tesla V100 32GB」をPFNのプライベートスーパーコンピューターの拡張に採用することを発表した。7月に稼働する予定となっている。

 2017年9月から稼働しているMN-1は、自動運転技術やがん診断をはじめとした深層学習などの研究開発用に構築された国内最大級を謳うプライベートスーパーコンピューター。NTT Com、NTTPCの高速演算処理(GPU)プラットフォームを採用し、計算ノードには「NVIDIA Tesla P100 GPU」を1024基搭載する。

 2018年7月より稼働する次世代高速演算処理プラットフォーム「MN-1b」では、最新のNVIDIA Tesla V100 32GBを512基稼働させる予定。拡張部分の理論上のピーク性能は、深層学習で利用される混合精度浮動小数点演算において約56ペタフロップスを実現。拡張部分のみで従来の約3倍のピーク性能となるという。

 PFNはMN-1bを活用することで、オープンソースの深層学習フレームワーク「ChainerTM」の高速化を進める予定。さらに、大量の計算資源を必要とする交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケア、クリエイティブ分野での研究開発をより一層加速させる。また、NTT Comグループは、急速に拡大する高速演算用途に応えるため、高圧電力の安定供給・効率的な排熱処理などのインフラ運用ノウハウを活かし、最新のGPUプラットフォームを世界に先駆けて提供。今後もAI関連技術やそれを支えるインフラの提供を通して、PFNのAIビジネスを支援していくという。

カテゴリートップへ

ピックアップ