このページの本文へ

指定したクラウドサーバー専用の管理画面を簡単に提供可能に

さくらのクラウドで「シングルサーバコントロールパネル」が提供開始

2018年03月27日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「シングルサーバコントロールパネル」のイメージ

 さくらインターネットは3月27日、管理者が指定したクラウドサーバー専用の管理画面を簡単に提供できる「シングルサーバコントロールパネル」を公開した。

 複数台あるクラウドサーバーのうち、管理者が指定したクラウドサーバー1台だけの電源操作およびコンソール操作のみが行なえるもの。社内のシステムやネットワーク全体は見せずに対象のクラウドサーバーの構築や保守のみ外部業者に委託したい、大学の演習用として学生にクラウドサーバーを個々に渡すときに他の学生のクラウドサーバーまで操作できないようにしたいといった場合に活用できる。

「シングルサーバコントロールパネル」の画面イメージ

 これまで、利用範囲の制限にはユーザーアカウントを分ける必要があったが、その手間を省くことが可能となる。料金は無料(さくらのクラウドの利用料金に含まれる)。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』