このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

これが本格eスポーツイベントの中身だ! 大盛況だったDeToNator「NeF」を振り返る

2018年03月29日 19時00分更新

文● 宮里圭介 編集●ジサトラカクッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲームの実況動画人気からもわかる通り、自分でゲームを遊ぶのではなく、他の人のプレイを見て楽しむ、という人達が増えてきている。こういった実況で人気があるのが、やはり魅せるプレイのできる人だ。この魅せるプレイには色々と種類があるのだが、最もわかりやすいのが、多数の強豪を倒してトップになるという“強さ”だろう。最近特に注目されているeスポーツの大会がこの代表で、格闘からスポーツ、FPS、MOBAなど、さまざまなジャンルで多くの大会が開催されている。

 こういった国内外のeスポーツ大会に多数参加し、実績を残してきているのがプロゲーマーチームの「DeToNator」だ。名古屋のテレピアホールにて開催された「Nagoya e-sports Festival Vol.0」(NeF)の主役であり、彼らがステージ上で繰り広げた戦いはまさに“魅せるプレイ”の連発だった。少し遅れてしまったが、このNeF当日の様子をレポートしよう。

プロゲーマーの試合を目の前で観戦できるほか
PUBGやAVAなどの体験コーナーも用意

 開場は11時。30分前にはフロアを一周するほどの人数が列を作っており、スタート前からeスポーツへの期待の高まりが感じられる状況となっていた。来場者は10~20代の若い世代が大半だが、家族連れや年配の方の姿もあり、意外というのもおかしな話だが、幅広い年齢層がイベントへと駆け付けてくれたようだった。またこういったイベントは男性中心になりがちなのだが、体感では全体の3割近くが女性で、男女問わずゲームへの注目度が高まっているのだと感じられた。

フロアの外周をぐるっと一周したうえ、階段にまで並んでいた待機列。会場前30分でこの状態だった

 プログラムは12時から開始で、ゲームの試合だけでなく、トークショウも用意されているなど濃い内容だ。特に注目されていたプログラムは、DeToNatorとも縁が深い「Alliance of Valiant Arms」(AVA)。現役のAVAチームと、国内外の大会・イベントで好成績を残してきたレジェンドチームとの対決とあって、特に昔からのDeToNatorファンにとって見逃せないプログラムだろう。

 この他、パス回しといったプレイの腕はもちろん、戦略なども重要となるサッカーゲームの「Winning Eleven 2018」(ウイイレ)、トップクラスの人気を誇るバトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG)の試合も用意されており、どれも見どころのあるイベントプログラムとなっていた。

プログラムの見どころは4つのゲームとスペシャルトークショーの大きく5つ。最後に、プレゼントのあるじゃんけん大会も予定されていた

 会場は大きく2つのエリアに分かれていた。ひとつはゲームの試合やトークショウが行なわれるメインステージ。ステージの逆側にはストリーミングエリアが設けられており、イベントの実況などができるスペースとなっていた。また、その横にはPUBGの体験コーナーを用意。通常はフリーで遊べるほか、PUBGイベントの際はここからマッチに参加できるというのが面白いところ。ステージ上で行なわれている戦いに自分も参加できるとあって、人気の高いコーナーとなっていた。

ステージにはプレーヤー席が2チームぶん、合計10の席が準備されていた
ステージの逆側、後ろの方に用意されていたストリーミングブース。中継の様子を来場者が見ることができるという、ユニークなコーナーだ
こちらはステージエリアに用意されたPUBG体験コーナー。プログラムのPUBGイベント時にはこちらから参加できた

 もうひとつのエリアは、ステージの外にあるスポンサーによる体験コーナーだ。サイコムはゲーミングPCシリーズ、特にDeToNatorモデルを中心に展示しており、その実力を体験できるようPUBGのフリープレイが可能となっていた。

 中でも来場者の目を奪っていたのが、ライトアップパーツをふんだんに使った「G-Master Luminous RGB」。近日発売予定となっていたモデルで、ASUSの「AURA Sync」を使うことで光る色の同期が可能というものだ。自作PCファンの間では意外と人気があるが、ファンだけでなくメモリーにもライトアップ機能を搭載したものを選んでいる構成は、BTOパソコンとしても珍しい1台となっている。

ひときわ目立っていたのが、サイコムの「G-Master Luminous RGB」。自作PCではおなじみのライトアップパーツがふんだんに使われているモデルだ

 DeToNatorモデルとしては「G-Master Spear Z370AS-DTN」の白黒色違いを各1台、「G-Master Spear Z370AS-Mini-DTN」が1台が用意されていた。このDeToNatorモデルは、実際にメンバーが使用しているものと同じもので、CPUに第8世代となるCore i7-8700K、GeForce GTX 1070 Ti採用のグラボ、16GBのメモリーなどを搭載し、最新の重量級ゲームもしっかりとプレイできる実力を備えたものとなっていた。BTOパソコンということもあり、実際の購入時にはパーツを細かく選択できるため、より性能の高いグラボを選んだパフォーマンス重視の構成にもできるし、この逆に、CPUの性能を抑えたコスパ重視構成にもできるというメリットがある。自分好みの構成にできるという点が、BTOパソコンの魅力だろう。

DeToNatorモデルとなる「G-Master Spear Z370AS-DTN」。こちらは白黒2つのモデルが展示されていた
もうひとつのDeToNatorモデルとなる「G-Master Spear Z370AS-Mini-DTN」。コンパクトな筐体を採用しているが、性能は一緒

 この他、AVA対決コーナーやレーシングシートの体験コーナーなどもあり、プログラム以外でもゲームを体験して楽しめるようになっていた。こちらの様子は後ほど紹介しよう。

いざ開場!ステージエリアはほんの数分で満員状態に
体験コーナーで遊ぶ姿も多数

 開場時間になると並んでいた人達の入場が始まり、皆、足早にステージへと向かっていった。列がフロアの外周では収まりきらず、階段まで並んでいたことからもわかる通り、ほんの10分もしないうちにステージエリアはほぼ満員の状態に。イベント名に「Vol.0」とある通り初のイベントとなるため来場者数は未知数だったが、関係者全員の予想を上回る人数となっていたようだ。

入場開始と同時に足早にステージへと向かう来場者。受付では、イベント終了後に行なわれるDeToNatorメンバーとの撮影会に参加できる整理券が配られていた
あっという間に埋まっていくステージエリア。10分もしないうちにほぼ満員となっていた

 なお、開場は11時だがプログラム開始は12時ということもあり、ステージエリアへとはすぐに向かわず、体験コーナーでゲームを楽しむ姿も多く見られた。ちなみにDeToNatorのメンバーは体験コーナーにおり、ゲームをプレイしたり、気軽にサインや写真撮影などに応えている姿が見られた。

出番がないときは体験コーナーへと顔を出していたDeToNatorのメンバーたち。なぜかレースゲームで遊ぶ姿も

前へ 1 2 3 4 次へ