このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう

Droboユーザーの良き仲間!

Droboを使いこなす管理ツールDrobo Dashboardを徹底解説

2018年04月03日 11時00分更新

文● 飯岡真志、編集 ●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 この連載は、Droboの各機種やその周辺のトピックについて紹介するものだが、それゆえにほぼほぼ毎回登場してくるのが、Drobo Dashboardというアプリケーションだ。このDrobo DashboardはDroboシリーズの管理・運用のためのユーティリティであり、Droboを使っていく上では必須のものと言える。Droboの開発・発売元であるDrobo, Inc. から、Windows用(Windows 7以降)、macOS用(10.10 Yosemite以降)が無料で提供されている。

 Drobo Dashboardが提供されていないLinuxでもDroboを使うことは可能だが、ほとんどのDroboはMacやWindowsパソコンと組み合わせて使用されているだろうから、基本的にDroboを使う上では常にDrobo Dashboardが必要ということで良いだろう。

 今回は、このDrobo Dashboardにフォーカスしてみよう

そもそも、ダッシュボードとは?

 そもそもで「『ダッシュボード』」って何だよ? 自動車かよ!」という方もいるかもしれない。IT関連の世界でダッシュボードといえば、システム(たいていは大規模で複雑だったりする)のさまざまなデータをまとめて分かりやすく表示する仕組みのことを指す。例えば経営管理システムやBI(Business Intelligence)といった領域では、扱うデータは多岐に渡っており、それらをすべて列挙しただけでは、結局何も分からないも同然だ。そこでそれらのデータを元に、今後の方針作成の手助けになるようなデータを分かりやすく見せるのがダッシュボードというわけだ。

 経営管理システムを導入している会社の偉い人が、わざわざ担当者を呼びつけて説明を聞かなくても、自分でダッシュボードを開けば知りたいことがコンパクトにまとめて表示されている。ダッシュボードと聞いて思い浮かべるのは、だいたいこんな感じだ。

 もちろんDrobo Dashboardも、Droboの運用・管理に必要な情報がコンパクトにまとめられており、必要な操作もすべてDrobo Dashboard上から行える。ウインドウのサイズは固定で、XGA(1024×768)のディスプレイに収まるくらいと言えば、そのコンパクトさも分かるというものだ。


 

(次ページ、「Drobo Dashboardの導入方法」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ