このページの本文へ

縦置き/横置き可能でリビングなどにも設置できる

7万円台からで幅89mmのスリムPC、カスタマイズでゲームできる性能に!

2018年03月23日 17時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
省スペースパソコン「ESPRIMO WD2/B2」。ディスプレーはオプションで追加可能

 デスクトップパソコンはノートパソコンに比べて拡張性が高く、後から必要なものを追加していけるのが大きな特徴だが、その分、筐体が大きくなってしまうのが難点の1つ。しかし、今回紹介する「ESPRIMO WD2/B2」は、スリムな筐体ながら、ミニタワーに近い拡張性を持っており、縦置きだけでなく横置きもできるなど、設置場所に合わせた活用ができる省スペースパソコンだ。

 さらに、「富士通WEB MART」でクーポンを利用すると7万1733円から購入できる(3月23日現在最小構成から、Core i7まで選択できるなど、カスタマイズで幅広いスペックを選べるのも魅力。今回はESPRIMO WD2/B2について、仕様や外観について紹介する。

省スペース型でスリムな筐体は置き場所に困らない

 ESPRIMO WD2/B2のサイズは、およそ幅89mm×奥行き343mm×高さ332mm。縦置きの場合、安定させるためのフット(設置台)がつくが、その場合でもでおよそ幅142mm×奥行き343mm×高さ347mmととてもスリムな筐体だ。

横置きも可能

 横置きしてもそれほど場所を取らないため、リビングなどに置いて使えそうだ。横置きした場合の接地面にもゴム足がついている。

予算次第でハイパワーパソコンにも

 ESPRIMO WD2/B2は、必要に応じたスペックが選べるのも大きな特徴だ。CPUは、標準構成でCeleron G3930(2コア/2スレッド/2.90GHz)となっており、Core i3-7100(2コア/4スレッド/3.90GHz)、Core i5-7500(4コア/4スレッド/3.40~3.80GHz)、Core i7-7700(4コア/8スレッド/3.60~4.20GHz)に強化できる。

 GPUはCPU内蔵のインテルHD Graphics 610が標準だが、Quadro P600とGeForce GTX 1050が選択可能。GeForce GTX 1050を選んだ場合はサードパーティ製が届き、自分で取り付けなければならない。メモリーはDDR4 SDRAMで、4GB/8GB/16GB/32GBまで増設できる。

 ストレージはデフォルトが500GB HDDだが、1TBと2TBに変更できるほか、256GB/512GB/1TB SSDも用意されている。また、増設用HDDとして3TB HDDを追加できるので、高速なSSDを搭載し、データドライブとしてHDDを追加するのもありだろう。

 省スペースでもハイスペックのCPUがほしい、大容量ストレージがほしい、高負荷のゲームで遊びたい、仕事でグラフィックスを多用するなど、必要なスペックと予算次第で様々なカスタマイズが可能だ。

省スペースながら、多数の周辺機器を接続できるインターフェース

 ESPRIMO WD2/B2は、スリムな筐体ながら多くのインターフェースを備えている。マシン前面にはDVDスーパーマルチドライブを搭載し、BDXL対応のBlu-ray Discドライブに変更も可能。USB 3.0端子×2とマイク端子、ヘッドフォン端子も配置されている。

 背面にはUSB 3.0端子×4、USB 2.0端子×2、PS/2ポート×2、ラインイン端子、ラインアウト端子、有線LAN端子(1000BASE-T)、DVI-I端子、DisplayPortを配置。なお、試用機はGeForce GTX 1050を搭載していたので、ディスプレー出力はDVI-D端子、DisplayPort、HDMI出力端子となる。

前面にUSB 3.0端子×2とマイク端子、ヘッドフォン端子を配置背面のインターフェースも豊富。PS/2端子×2があるのも特徴

  PS/2端子が2基あるので、マウスとキーボードをPS/2で接続すれば、前面端子を含めてUSB 3.0端子×6、USB 2.0端子×2もあり、周辺機器の接続は余裕だろう。また、GPUを搭載せず、USB 3.1 Type-Cの追加も可能だ。

 ディスプレーはオプションで、ノングレアの21.5型と23.8型を追加できるだけでなく、デュアルディスプレーとしてそれぞれ2台ずつ追加するオプションも用意されている。

 ESPRIMO WD2/B2の標準構成と試用機のスペックは以下の通り。

ESPRIMO WD2/B2の標準構成と試用機の主なスペック
機種名 ESPRIMO WD2/B2
構成 標準構成 試用機の構成
CPU Celeron G3930(2.9GHz) Core i7-7700(3.6GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィクス 610 GeForce GTX 1050(2GB GDDR5)
メモリー 4GB 32GB
ストレージ 500GB HDD 256GB SSD+3TB HDD
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース USB 3.0端子×6、USB 2.0端子×2、DVI-D端子、DisplayPort、PS/2端子×2、マイク端子、ヘッドフォン端子、ラインイン端子、ラインアウト端子、有線LAN端子 USB 3.0端子×6、USB 2.0端子×2、HDMI出力端子、DVI-D端子、DisplayPort、PS/2端子×2、マイク端子、ヘッドフォン端子、ラインイン端子、ラインアウト端子、有線LAN端子
サイズ およそ幅89×奥行343×高さ332mm
OS Windows 10 Home(64bit)
価格(3月23日現在) 7万1733円 19万7413円

 次回は、ESPRIMO WD2/B2の内部や操作感などについて紹介する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通