このページの本文へ

小型高性能6mmドライバーを採用、迫力ある低音再生を実現

パイオニア初の左右独立型Bluetooth対応ヘッドフォン「C8 truly wireless」

2018年03月22日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「C8 truly wireless SE-C8TW」

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは3月22日、パイオニアブランドとして初となる左右独立型のBluetooth対応ワイヤレスインナーイヤーヘッドフォン「C8 truly wireless SE-C8TW」を発表。4月上旬に発売する。

 小型高性能の6mmドライバーを採用、耳の奥にしっかりと収まる設計とあいまって迫力ある低音再生を実現するとともに、シリコン製スリーブ採用により快適で安定感のある装着が可能という。操作ボタンとマイクを装備しており、音楽や通話の操作を耳元で簡単にできる。

側面タップで受話操作や曲の送り戻しが可能

 パイオニアブランドのBluetooth対応ワイヤレスヘッドフォン専用の音声読み上げアプリ「Notification App」に対応し、スマホに届くメールやSMS、さまざまなメッセンジャーサービスやカレンダー、ニュースといった情報の通知を読み上げることができる。

携帯用ケースは本体を2回分充電できる 

 1回の充電で最大およそ3時間の連続再生や通話が可能。付属の持ち運びケースは左右それぞれ2回分の充電が可能。重量はイヤフォン部がおよそ12g(左+右)、充電ケースがおよそ125g。3サイズのイヤフォンチップ、USB充電ケーブルなどが付属。価格はオープンプライス。

訂正とお詫び:初出時、一部説明に誤りがございましたので訂正しました。(2018年03月26日)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン